ヴィジョン・オブ・アオモリvol.17 塚本悦雄|彫刻ファーム

塚本悦雄は、彫刻は自然のものに人の手を加え、自然現象を作為的に作り出すことではないかと仮定し活動しています。青森県弘前市に拠点を置き制作を行う塚本は近年、自然豊かな青森でも、農園の作物には人間による様々な介入が行われていることや、津軽藩の武士により飼育されていたという金魚「津軽錦」が人為的に交配された生き物であることなど、地域の現在や歴史を読み解きながら、自身の彫刻観と重ね合わせ作品を制作してきました。

青森ゆかりのアーティストを紹介する展覧会シリーズ「ヴィジョン・オブ・アオモリ」の17回目となる本展では、作品を作り出す場をファーム(農場)と捉え展示を行います。そこでは自然に介入する人間の、そして芸術家の欲望を俯瞰的に見つめる作家の視点が浮かび上がるでしょう。

【関連イベント】
オープニング・アーティストトーク
日時:4月20日(土)14:30-15:30
対象:どなたでも
内容:塚本悦雄と同時開催の展覧会「弧上の光」を開催中の石田尚志が展覧会と作品についてお話しします。

■ワークショップ「石膏で浮き彫り彫刻をつくろう」
日時:5月25日、26日(土、日)13:00-15:00※2日間で1つの作品を作ります。
対象:どなたでも。小学校低学年のお子様は保護者の方のお手伝いが必要です。
定員:12名
材料費:500円
内容:石膏で直径約20cmの円盤型レリーフ作品を作ります。1日目は粘土で原型を作り、石膏で型抜きします。2日目は型から取り出した石膏を削って整え、仕上げます。自由にデザインした自分だけの作品を作りましょう。

 

塚本悦雄(つかもと・えつお)

1962年 熊本県生まれ
1989年 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了(サロン・ド・プランタン賞)

個展
2015年 「TSUGARUNISIKI in TENNESSEE」テネシー大学マーティン校・Library gallery、アメリカ
2013年 「塚本悦雄—ポートレート-」旧三和化学教材、青森
2009年 「塚本悦雄展—ケイトウ-」メグミオギタギャラリー、東京
2008年 「塚本悦雄彫刻展」アートサロン光玄、名古屋
2002年 「塚本悦雄個展」ギャラリー北村、東京
2000年 「塚本悦雄彫刻展」ギャラリー山口、東京
1990年 「塚本悦雄彫刻展」ときわ画廊、東京
1988年 「塚本悦雄展」ギャラリーK、東京

主なグループ展
2018年 「あかりのありか15th Edge ハシッコ」GALLERY NOVITA、青森
2018年 「ひろさき美術館3−コラボ×コラボ×コラボ」まんなかギャラリー、青森
2017年 「あかりのありか14th「反射(リフレクション)」GALLERY NOVITA、青森
2016年 「ひろさき美術館−武家屋敷×アート マレビトの祀り」弘前市仲町伝統的建造物群保存地区、青森
2015年 「第10回アトリエの末裔あるいは未来」東京藝術大学大学美術館陳列館、東京
2011年 「美術館は動物園展 美術に表現された動物たち」小杉放菴記念日光美術館、栃木
「XYZ」メグミオギタギャラリー、東京
2008年 「MANIF14!2008」芸術の殿堂、韓国
2007年  「アクア・アート・マイアミ07」アクアウィンウッド、アメリカ
2006年  「スキノデリック−彫刻の表層—」東京藝術大学大学美術館陳列観、東京

 

主催:青森公立大学国際芸術センター青森
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団

190521_TsukamotoEtsuo_015

展示風景190521_TsukamotoEtsuo_051

《Welcome to the Sculpture Farm》大理石、37×35×5cm、2010年

190521_TsukamotoEtsuo_054

《THE SCULPTURE FARM – FEED》トレーシングペーパー、樹脂、477.5×25.5㎝、2010年

190521_TsukamotoEtsuo_023

《マメコバチ AC634》スタイロフォーム、石膏、130×190 ×200cm、2019年

190521_TsukamotoEtsuo_091

《マメコバチ AC1~633》テラコッタ、4×5×5cm、2019年

190521_TsukamotoEtsuo_034

手前:《毛刈りする人 木彫》木、46×45×44㎝、2018年、奥:《THE SCULPTURE FARM – FEED #4》紙に木炭、110×110cm、110×110cm、 115×115cm、2019年

190521_TsukamotoEtsuo_038

《ウサギ胸像 #2》 大理石、20×15×52cm、2018年

撮影:白井晴幸

実験場の隣人

塚本は、彫刻とは石や木などの自然の素材に人間が手を加えて加工することで自然現象を作り出すことなのではないかと仮定する。そして農園を、品種改良が行われたり農薬が使われたりと、自然そのままの姿ではなく人間の手が加えられることで作物が生まれる場所であると考える。この考えに基づき、本展は「彫刻ファーム」と名付けられた。

ギャラリー正面に鎮座するのが、《マメコバチAC634》である。マメコバチはリンゴ農園で受粉を担う昆虫であり、本作では羽根が取られ足が簡略化され、発泡スチロールに石膏を直付けしたガサガサとした表面を持つ。高さ2mの巨体で、ギャラリーを支配するかのようだ。その手前にテラコッタで作られた《マメコバチ AC1~633》が633個、平台の上に列を作って並べられている。これは、《マメコバチAC634》を更に抽象化し型取りして作られたもので、工業製品のようにも見えるし、焼きしめた土に白い文字で一つずつ番号が振られている様子は、発掘された遺物のようにも見える。《マメコバチ AC1~633》の背後の壁面にはドローイングが掲げられ、リンゴ農園の1年をダイジェストで描き出している。その隣の壁面には、トリプティックのドローイング作品《THE SCULPTURE FARM-FEED #4》が掲げられ、その横には塚本のアトリエから運んできた机の上に大小数々の彫刻が置かれアトリエの様子が再現されている。《マメコバチ AC1~633》を挟んだ両側には、石彫のマメコバチ、ハエトリグモ、羊、鶏、ハムスター、ウサギ、人体などが並べられた。改めて書き出してみると、これほど多くの作品が90㎡のギャラリー内に展示されていたことに驚かされる。

これら膨大な作品群にはそれぞれ彫刻史が引用されており、《THE SCULPTURE FARM-FEED #4》のトリプティック形式はキリスト教美術にその起源をたどることが出来るし、人体のドローイングではラオコーン像を引用した構図が使われている。《マメコバチ AC1~633》はマルティプルと言えるし、《マメコバチAC634》では、634という数字に、彫刻の巨大化を東京スカイツリーにちなんで、と塚本は冗談めかして語っていたが、スカイツリーのデザイン監修には彫刻家の澄川喜一が関わっている。また、《毛刈りする人 木彫》では、古くはローマ時代に遡る彫刻の複製技術で明治期に日本に輸入された「星取り法」を使って制作している。縦横無尽に彫刻史を行き来しながら制作された膨大な数の作品群は、このギャラリーが過去を検証し未来を志向する実験場としてのファーム(農園)であることを示すようである。

ギャラリーの入り口に置かれた2つの作品が、この塚本の束の間の実験場への道案内をしてくれる。会場に入る手前の風除室に置かれた石彫のレリーフ《Welcome to THE SCULPTURE FARM》には、沢山の羊たちと一人の男性が描かれている。塚本は、クローン羊のドリーが生まれたことが、人と自然の関係について考察し羊を作るきっかけになったと言う。[1] 羊は、遺伝子を操作して自然には生まれ得ない生き物を作り出す、人が自然へ介入する究極の形としてギャラリー内のあちこちに何度も登場する。その次に見えるのが、ポップコーンの彫刻で装飾された、アイディアスケッチ集とも言える作品集《THE SCULPTURE FARM ‒ FEED》である。トウモロコシは古代から人類が主食とし、何千年もかけて品種改良され、家畜の餌でもあり、現代では遺伝子組み換え食品もある、言わば人類と共に生きてきた植物である。この2つの作品は10年程前に制作されたもので、塚本が人と自然の関係を彫刻のモチーフとする出発点となった。

 

塚本の彫刻、特に石彫作品をじっと見ていると、それがただの石なのか、作品なのかが分からなくなることがある。羊や鶏の細かい毛並みや少女の頬のすべすべとした肌、ガサガサした鶏のトサカなど、細かい表面の凹凸と、筋肉の流れに沿って生まれる塊の動きは確かに彫刻が施されていることが分かる。しかし、彫刻された細やかな形の流れを追っていると、それは石そのものの形の流れであるようにも見えてくる。角度によって変化していくその微細な表情を追いかけることは、彫刻を施していく塚本の手の動きを追体験するようで、そこには石から形を見出していく塚本の喜びも見えてくる。彫刻されているからこそ、ごろんとした石そのものの存在感が際立つその塊は、彫刻という人の手が加わった状態と、自然なままの石の状態とのちょうど中間にあるようだ。それは自然物から人工物への変容が目の前で繰り返されるような経験であり、数千年を掛けて関係を結んできた人類と自然との分かち難い関わりが見えてくるようでもある。

遺伝子操作で生まれた羊、品種改良されたトウモロコシ、マメコバチを使って受粉をコントロールする甘いリンゴ、それを食べる人類。どこまでが自然でどこまでが人工なのだろうか。石を割って初めて道具を作ってから数万年かけて、人類は科学技術を発展させてきた。そこにあるのは、便利さの追求だけではなく、知らないことを知ること、出来なかったことが出来るようになること、そしてものを作り出すことへの喜びがあったに違いない。彫刻ファームに集まった昆虫や動物は、人類のエゴを声高に糾弾するわけではない。技術の発展に希望と喜びを見出す人間の行く末を見届ける隣人として、穏やかにたたずんでいる。

国際芸術センター青森 主任学芸員 金子由紀子


[1] 2019年7月6日に行ったアーティスト・インタビューより(『AC2』No.21、国際芸術センター青森、2020年)

 

 

 

日時
2019年4月20日(土)-6月16日(日)10:00-18:00
会場
国際芸術センター青森ギャラリーB
対象
無料
チラシ画像web用