多田友充展 「性根の腐った誠実さのかけらもない人間どもの流す情報を、ただただ鵜呑みにして自らの頭で考えることもせず無邪気に人に暴力を振るう、たましいのない空っぽの操り人形どもは、果たしてこの世界に存在することに恥ずかしさや情けなさを感じることはあるのだろうか☆ 卍」

2018年4月28日(土)-6月17日(日)10:00-18:00 会期中無休/無料

[wp-blogroll catname=air2018-1ja orderby=url]

多田友充はドローイングを中心として様々な表現を展開するアーティストです。油絵具、アクリル、顔料、ボールペン、色鉛筆、パステル、スプレーなどの画材を用いて、線や色の繊細な重なりのあるもの、大胆な存在感のある線で描かれたものなど多様な表情を持つ画面を作り上げます。また、しばしば作品に描かれる言葉は、文字の形と言葉の意味が重なっては離れることを繰り返しながら、やがて見る者を形と意味を超えたイメージへと導きます。それらの作品は、混沌や矛盾の先に見える景色のような静謐さを携えています。

本展のタイトルは、この世界に内在するあらゆることの中からある普遍の一面を提示する一方で、人間が人間として「どう在るか」ということについての問いのようでもあります。多田は近年、大型のパネルに描いた絵画を多く発表してきましたが、本展では、国際芸術センター青森(ACAC)の空間を活かしたインスタレーション作品を発表します。静寂と力強さが共存する作品は、あらゆることが起こり得るこの世界の底をのぞき込むような、もしくは果てに導かれるような体験をもたらすでしょう。

【関連イベント】

■オープニング・アーティストトーク

多田友充と、同時開催の「ヴィジョン・オブ・アオモリvol.16 – part1 アオノニマス 潜」の参加アーティスト柿崎真子が自身の作品と展覧会についてお話しします。

日時:4月28日(土)14:30-15:30

会場:ラウンジ、ギャラリーA、B

※無料、申込不要、直接会場においでください

 

■ワークショップ「面打ち」

三沢市在住の能面作家井上京香あsんをゲスト講師にお招きし、本展作家とともに、能楽で演者が付けるお面、「能面」を作りましょう。青森ヒバを素材に、ノミや彫刻刀を使って10×6cm程の小さな女面を制作します。

日時:5月26、27日(土、日)10:00-17:00(昼休みあり)

会場:創作棟

対象:中学生以上、5名

参加費:無料

申込締切:5月20日(締切後も定員に空きがあった場合は先着順で受け付けます)

 

■多田友充×森達也(映画監督・作家)対談「水と水が交わるところ」

オウム真理教信者を追ったドキュメンタリ―映画「A」(1997年)や「A2」(2001年)、世間の耳目を集めたゴーストライターの騒動を題材にした「FAKE」(2017年)など、物事に対する独自の視点を提案する作品を送り出してきた森達也さんをゲストにお迎えし、多田との対話を行います。

日時:6月10日(日)14:30-16:00

会場:ラウンジ

※無料、申込不要、直接会場においでください

 

■ギャラリーツアー

学芸員と一緒にお話ししながら展覧会を鑑賞します。

日時:一般向け:5月20日(日)14:30-15:30、ファミリー向け:6月9日(土)14:30-15:30

会場:ギャラリーA,B

※無料、申込不要、直接会場においでください

artists

多田友充

多田友充

1979 広島県生まれ

2005 名古屋造形芸術大学(現:名古屋造形大学)大学院修了

2005-2007 CCA北九州リサーチプログラム

 

【主な個展】

2015 「ぼくは描くことができる」ARATANIURANO(東京)

2011 「つきのひかりがすとろんぐやで」project room SASAO(秋田)

2010 「僕、秋の終わりに豹になる。」Midori Art Center (MAC)(青森)

2010 「みんな大大大好き秘密基地!!!(そして、縁は異なもの)」梅香堂(大阪)

2009 「THE KING IS HERE」ZENSHI、東京

2008 「Simple is hard」Babel(トロンハイム/ノルウェー)

2008 「光がよわくなってくる」ZENSHI(東京)

2006 「私には、籠の中の鳥がなぜ唄うかが分かる」ZENSHI(東京)

 

【主なグループ展】

2016 「あいちトリエンナーレ2016」名古屋市美術館(愛知)

2015 「gallery in gallery series #01 ARATANIURANO」konya-gallery(福岡)

2014 「夏と画家」アラタニウラノ(東京)

2014 「VOCA2014」上野の森美術館(東京)

2012 「Spring--日常」梅香堂(大阪)

2012 「淺井裕介×多田友充ドローイング展<おやすみ宇宙、おはようドローイング>」Midori Art Center(青森)

2011 「Homage 高倉健 - 手術台の上の花とドラゴン」Operation Table(福岡)

2011 「A Midsummer Night’s Dream」hiromiyoshii roppongi(東京)

《ぜんりょうなるものはそうぞうしない》The Good Are Not Creative、2013年、パネルに油彩、顔料、アクリル、200×360cm, photo:上野則宏

《せいしんのじゆう》2016年、パネルにスプレー、240×120cm

2010年梅香堂での展示風景

《ヲんガく》Music、2016年、パネルに油絵具、240×360cm

《アジール(イルカハウス)》2014年、パネルに白亜地、油彩、アクリル、顔料、180×180 cm, Courtesy of URANO

主催:国際芸術センター青森

協力:URANO、AIRS

助成:公益財団法人朝日新聞文化財団