公演・ワークショップ

様々な分野のアーティストや専門家を講師に、大人から子供まで、芸術についてじっくりと考えたり、実際に創作活動を行ったりするワークショップや公演を開催します。ACACが保有する世界最大級の大型銅版画プレス機を用いた版画講座、ダンス、音楽、クラフトなど多彩なプログラムを開催します。

鈴木基真協働制作

7月9日-15日、午前の部(10:00-12:00)午後の部(14:00-16:00)

2018夏AIR参加アーティスト鈴木基真さんと作品に粘土を粗付けしていく作業を一緒に行います。

ギャラリーツアー(ファミリー向け)

6月9日(土)14:30-15:30

学芸員と一緒にお話ししながら展覧会を鑑賞します。

ギャラリーツアー(一般向け)

5月20日(日)14:30-15:30

学芸員と一緒にお話ししながら展覧会を鑑賞します。

柿崎真子×相馬信吉トーク

6月17日(日)14:30-16:00

青森にまつわる写真、絵葉書、地図、生活用品などの資料を収集・展示・研究されている奏海の会主宰の相馬信吉さんをゲストに、Part2に出品されている戦前から戦後にかけての写真についてお話しします。

多田友充×森達也(映画監督・作家)対談「水と水が交わるところ」

6月10日(日)14:30-16:00

オウム真理教信者を追ったドキュメンタリ―映画「A」(1997年)や「A2」(2001年)、世間の耳目を集めたゴーストライターの騒動を題材にした「FAKE」(2017年)など、物事に対する独自の視点を提案する作品を送り出してきた森達也さんをゲストにお迎えし、多田との対話を行います。

ワークショップ「面打ち」

5月26、27日(土、日)10:00-17:00(昼休みあり)

三沢市在住の能面作家井上京香あsんをゲスト講師にお招きし、本展作家とともに、能楽で演者が付けるお面、「能面」を作りましょう。青森ヒバを素材に、ノミや彫刻刀を使って10×6cm程の小さな女面を制作します。