鈴木基真ワークショップ「モデリング-粘土でつくる並行世界(パラレルワールド)」

思い出・思い入れのある場所や建物をあぶら粘土で作ります。後半は参加者全員分を一つの台座の上に配置して、別の風景を作っていきます。現実にある場所の形を集めて組み合わせ、非現実のパラレルワールドを作ります。

鈴木基真(すずき・もとまさ)

1981年静岡県生まれ。2004年武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業。幼い頃に見ていたアメリカ映画に影響を受け、平面のイメージを基に木彫作品を制作する。個々の木彫作品は独特の高さを持つ台座の上で並べられ、組み合わされることで新たな風景を生み出す。主な個展に2013年「Cinematic Orchestra」(LIXILギャラリー、東京)、2016年「Honest Place」(さいたま市プラザノース、埼玉)、2016年「Wall, Roof, Window」(Takuro Someya Contemporary Art、東京)

日時
2月4日(土)13:00-16:00
会場
創作棟ワークショップスタジオ
対象
子供から大人までどなたでも(親子で参加も可)
参加料等
無料/定員15名/申込締切1月29日(日)応募者多数の場合抽選/持ち物:思い出・思い入れのある場所、建物、風景の写真(印刷したもの、映画やゲームではなく現実にあるもの)   

img_0075s

撮影:名倉達了