ふるさかはるかワークショップ「山のことづて新聞」

山の活動を絵で伝える木版画新聞「山のことづて新聞」をつくります。記者になった気分で山歩きやガイドさんへのインタビューをしながら取材をして、一人一つ木版画で記事をつくり、最後に全員分を貼り合わせて新聞に仕立てます。同じ図柄をいくつも刷ってみんなで分け合うことができる木版画の特性をいかして、参加者全員分の新聞をつくりましょう。

●1日目 山歩き 5月3日(水・祝)10:00-15:30

山に詳しい人をガイドに、みんなでACAC周辺の森を山菜を採りながら散策します。ガイドさんには山菜料理のお話しや山でのエピソードなどをお聞きします。

●2日目 木版画その1 5月20日(土)10:00-15:30

1日目の山歩きを題材に、壁新聞の構成を考え、木版画の下絵を制作し、版木を彫ります。

●3日目 木版画その2 5月21日(日)10:00-15:30

木版画を彫って刷ります。刷り上がった作品を、台紙に自由に貼り付け壁新聞の形にします。壁新聞はお持ち帰りいただけます。

日時
5月3日(水・祝)10:00-15:30、5月20日(土)10:00-15:30、5月21日(日)10:00-15:30 ※3回連続(3回とも参加できる方)
会場
国際芸術センター青森周辺の森、創作棟
対象
小学校高学年以上 定員:15名 申込締切:4月25日(火)応募者多数の場合抽選、定員に達しない場合は以降先着順
参加料等
500

WSふるさかはるか

土絵具を使った木版画ワークショップの様子(フィリピン山岳地方の学校)