ACACの新進アーティスト・トーク[道場破り]第一回 内田聖良

話す人:内田聖良(うちだ・せいら/作家・余白工事人、凡人ユニット)

ACACを\\道場破り//してもらう形で、面白い活動・制作をしている若手(?)アーティストの方々にトークをしていただくことになりました(不定期開催)最近どんな活動をしているのか、何を考えているのか語っていただきます。

内田聖良さんプロフィール
インスタレーション、コンセプチュアルアート、パフォーマンスなどの方法で制作。既存のサービスやシステムの流用、中古品と自身が執筆したテキストを用いる。「余白」を、今あるものとは「別のやり方」で行うための可能性と考え、「余白」をつくる「余白工事人」と名乗る。2012年よりデザイナーの清水都花と結成した「凡人ユニット」としても活動。平成30年度メディア芸術クリエイター育成支援事業に採択された『ちいさいまよい家(が)/ちいさいまよい家(が)のために』(仮)は、「店」という形式をとりながら、ポスト・インターネット時代の身体から生まれる「民話」的フィクションをつくる試み。https://sesseee.se/

お問い合わせ:国際芸術センター青森 tel. 017-764-5200, e mail. acac-1@acac-aomori.jp

日時
2019年5月26日(日)16:00-17:30
会場
国際芸術センター青森[ACAC]展示棟ラウンジ
対象
どなたでも 予約不要、入退場自由
参加料等
無料

IMG_9391051919_prof

内田聖良 UCHIDA Seira

sicf19_004_color_edit

《バーチャルまよい家》SICF19 Winner's Exhibition 展示風景 撮影:植松頌太