AIRS企画 vol.6「『行為の記録』にみる多様性と相違性」

美術家・山城大督による映像シリーズ「行為の記録」の上映の後、人間の行為を通した多様性と相違のあり方について、作家をゲストに迎え、会場のみなさんで車座トークを行います。(上映作品|「行為の記録」より《佐藤初女|2014年9月30日》(2014年)ほか全4作品)

ゲスト|山城大督 YAMASHIRO Daisuke

1983年大阪生まれ。美術家、映像ディレクター、ドキュメント・コーディネーター。映像メディアを用い、その場でしか体験できない「時間」を作品として展開。2006年よりアートコレクティブ Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)を結成し、市民参加型プロジェクトを全国各地の美術館、芸術祭で発表。

※AIRSとは

ACACのAIR事業をサポートするボランティア組織。アーティストの制作補助の他、展覧会やシンポジウムなどの自主企画をこれまでに6回企画。

日時
6月13日(土)14:00-16:00
会場
AOMORI STARTUP CENTER(青森市新町一丁目2-18 青森商工会議所会館1F)
対象
どなたでも
参加料等
無料、申込不要(定員50名)

いのちの裂け目ー布が描き出す近代、青森から