鑑賞とワークショップ「織り紙ファブリック!」

展覧会を鑑賞してから、紙テープで織物の原理でタペストリーのような平面作品を作ります。自宅から持ってくる色々な素材も織り込んで、オリジナルの作品に仕上げましょう。(教育普及担当:金子由紀子(ACAC主任学芸員))

持ち物|作品に織り込みたいもの2個以上(古い布や織り込めそうなものなら何でも)

日時
5月16日(土)13:30-17:00
会場
創作棟ワークショップスタジオ
対象
子どもから大人まで
参加料等
無料、要申込(申込締切:5月10日(日))(定員15名)

いのちの裂け目ー布が描き出す近代、青森から