肌理と気配-Textures

2012年7月28日(土)~9月17月(月) 10:00 - 18:00/無料

assistant

松原慈+有山宙

《無名の建築(33年目の家、習作)》、2008~2012
サイズ可変
「33年目の家」構造部材、ガラス、光拡散シート、フィルム、木、布、スチール、発泡ウレタン
撮影:山本糾

物語に導かれる建築

服部浩之

建築においてはデザイン如何以上に、その建物にまつわる数奇な物語により存在価値を決定付けられるものが多々ある。assistantによる《33年目の家》[fig.1]は、その例に漏れることなく、魅力的なストーリーを無数に孕む建築として完成されようとしている。そのようなストーリーは、必ずしも建築家の能力のみによるのではなく、偶然もたらされる様々な要素に起因するものだ。例えばクライアントと建築家の関係、与えられた敷地の条件、その建物が建つタイミングなど、多数の要因が挙げられる。《33年目の家》はそのような多くの偶然の魅惑的な条件を魅きつける、かつてない予兆にあふれる建築だ。この住宅は、奈良の東大寺に隣接する敷地に建築される予定で、約5年の歳月をかけ様々な変更や中断を経て、いよいよ実現が近づきつつある。この家は2012年の夏に、せんだいスクール・オブ・デザイン(SSD)[1]での公開制作と国際芸術センター青森(ACAC)での2ヶ月の展覧会を経て、奈良に移送され、2013年春に完成する予定だ。この一文からのみでも、不思議な存在の建築であることは容易に想像できるだろう。この建築の成立過程に少なからず関わるひとりとして、そこに内包されるストーリーを個人的な経験をもとに紹介したいと思う。

「移動するのは人か建築か。」
assistantが、ACACで実施するワークショップのタイトルに与えたこのことばは、《33年目の家》の不可思議な魅力の一側面を的確に言い得ている。通常、このような問いはほぼ成立することはないだろう。建築はまず移動しないし、逆に人は生きている限り移動する生き物だ。ところが《33年目の家》は、assistantという建築家が偶然にも建築とアートの両方の世界を行き来し、その境目を曖昧にしながら幅広い活動を展開しているため、アートの生産システムに乗ることで、建築自体が移動し、彼らがその移動に従うという不思議なスタイルを獲得したのだ。assistantはSSDとACACというふたつの公的機関からのアーティスト・イン・レジデンスへの参加オファーに応じ、2012年6月~9月にかけて、仙台と青森という特別な縁などなかった地に、一定期間滞在して制作することになった。もちろんアーティストにとっては、数ヶ月のあいだに複数のレジデンス機関やアートセンターで滞在制作を実施するのは珍しいことではない。アーティストとして彼らを捉えると、この行為は至って普通のことだ。彼らはこのふたつの機関において、それぞれ異なったインスタレーションを制作し発表することもできただろう。例えば、建築を専門に扱う仙台のSSDでは《33年目の家》を紹介するプロジェクトを実施し、ACACでは空間にまつわる単独のアート作品を制作するというように。しかし彼らはそうはしなかった。この両施設を《33年目の家》というひとつの住宅プロジェクトを通じて結びつけ、未知の経験を築くことを決断したのだ。

美術作家がレジデンスに参加することで制作した作品を、別の展覧会などに出品するのは極く当たり前で、その作品が様々な場所で公開されることは招聘したレジデンス機関にとっても歓迎すべきことだ。assistantはこの文脈にも乗るかたちで、《33年目の家》のいくつかの部分を各機関での滞在制作作品として、それぞれの地で制作することにした。仙台での作品には《ゴーストハウス》[fig.2]、青森での作品には《無名の建築(33年目の家、習作)》[fig.3]という名前を与えた。さらりと書くと、なるほどと思われるかもしれない。しかし、最終的に住宅として成立する建築を、部分とはいえ全く別のプロジェクトにまたがって別の場所でつくるというのは、なかなか尋常でない。建築とは、一度建てられたら基本的にはその場所から動くことはありえないものだ。彼らはひとつの住宅として設計を進めていたものを、各地でのレジデンスに合わせ、部分に切り分けて制作することで、「建築が移動する」という事態を生みだした。急遽、ひとつの建築の制作プロセスを大胆に計画変更したのだ。住宅の二部屋分は、ACACにて青森で手に入る材料を使って現地の大工と一緒に組み立てた。そして、家の2階に半オブジェ的に接続される予定だったスチールによる小さな小屋組は、構造のみを青森で制作して仙台に運び、ディテールはSSDの学生と一緒にassistant自身の手でつくりあげていった。それらは最終的には奈良でひとつの住宅となるので、寸法も工法も当初の設計図の通りに仕上げられているが、各機関の要望・特性や展示の方法に応じてその躯体に仕掛けをつくり込んでいき、どちらもそれ単体で成立するインスタレーションとして実現した。そしてこの住宅の部分たちは、9月中旬にACACの展覧会が終了した時点で、いちど解体されて4tトラックに積まれ、青森から出発し仙台を経由して奈良に至り、そこで住宅として完成するという運命を与えられた。

通常の建築家は、このようなアクロバティックな計画変更はしないだろうし、そこに価値を見出すこともないだろう。そもそも施主が自身の家となるものを自分が住む前に、不特定多数の人の目に触れる別の場所で公開されることを了解するはずもない。ここで、それを成立させるもうひとつの物語が浮上する。この住宅の施主が、assistantの有山宙とその両親であるということだ。有山にとっては半分自邸のような存在であり、もうひとりのメンバーである松原慈にとってはパートナーがクライアントという状況だ。有山と松原の二人のあいだで、この住宅の存在する意味が大きく異なるというのも面白い。

有山の身内の住宅であったことと、着工のタイミングが仙台と青森の2つの滞在制作の時期とほぼ重なったことで、偶然にもこの住宅のいくつかの部分は別の場所で別の機能で建ちあげられることになった。繰り返すが、assistantが通常の建築家と異なりアートの領域でも活躍し、アートフィールドの独特なスタイルとシステムを実感として理解していたこと、そして同時に長期の滞在制作が実現できるほど建築現場に縛られるようなスタイルの仕事に従事していなかったことなども大きな要因だ。

ちなみに、仙台で公開された作品は、フィリップ・ジョンソン[2]が広大な敷地に建築した自邸に存在するパヴィリオンのひとつである《ゴーストハウス》[3]へのオマージュとなっている。ジョンソンは、敷地内に様々なパヴィリオン、つまり半仮設の建築を建て、同時にそこには贋作なども含め多数のアート作品を設置しており、無数の物語を孕むミュージアムのような場をつくっていた。《ゴーストハウス》は、スチールでできたとても小さくてほとんど意味を見出すのが困難な簡素な建築だ。いや、建築というよりインスタレーションだ。この存在の意味自体が曖昧な、おそらくその名から想像される物語のみが一人歩きしそうな建築へのオマージュを制作するというのも、assistantらしいアプローチであり価値付けの方法であろう。

assistantの制作スタイルでもう一点興味深いのは、有山と松原の関係だ。ここ数年有山は建築そのものへの関心を強め、逆に松原はアートの領域へと接近している。《無名の建築(33年目の家、習作)》においては、有山が図面を引き構造や工法、素材などを検討し、職人との設営や現場管理もほぼひとりで担当している。一方で松原は、構造体が建ち上がった後に、この建築にどのような光を取り込むか、そして建築自体が空間のなかでどのように振る舞うかをデザインする。物質としての建築は有山が扱い、建築が生む現象を松原が担当するのだ。

近年、松原は「太陽光」に着目し、光と影による不安定な現象の生成への強い興味を示し、光を主題とした個人作品を多数制作している[fig.4]。おそらく光という現象への興味は、ジョンソンの《ゴーストハウス》への言及とも無縁ではない。ACACの設計者である安藤忠雄は、世界でもっとも「光」を巧みに扱う建築家のひとりだ。ACACでも美しい光の空間をうみ出し、ギャラリーには毎日異なる光が燦々と差し込む。松原は、そのギャラリー上部の水平窓に偏光フィルムを貼り、窓手前の屋外には反射板を設置した。屋内の作品構造体にはガラスやフィルム、ルーバーやスクリーンなどを組み込み、鎮座するその構造体を通して光を内部に取り込み、太陽の光の変化に応じて、つねに揺らぎ変化する空間を生み出した。建築という硬質で重厚な存在の背後にはいつも光と影による繊細な現象が存在するのだが、その当たり前の現象を拡張し充満させることで新たな空間を創出するのだ。ここにも建築が存在することで誘発される現象による物語への強い意識があらわれている。

この作品は常に新鮮な表情を見せる。朝方はやわらかい影をギャラリー壁面に落とし、陽の光が強い午後には水面のようにざわめく光が出現する。数時間ほとんど変化がないときもあれば、数秒単位で劇的に変化することもある。物質としての建築作品は変わらず同じ場所に存在しているが、その建築が生み出す現象は絶えず流れ動きつづけるのだ。このコントラストは有山と松原の不思議な関係を彷彿とさせる。

2013年1月現在においても未だ竣工しないこの小さな建築は、既にこれだけの多方位に渡る物語を内包しているのだ。今後この建築がどんな物語を背負い、如何なる歴史を築いていくのかを想像するだけで、なんだか気分が高揚してしまう。物語が価値を与え続ける建築、なんともアーティスティックで魅惑的な存在だ。


[1] 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻が、仙台市と連携し、地域と連動する新しい教育プログラムとして開講したスクール。平成27年3月まで実施予定。
[2] Philip JOHNSON(1906年7月8日 - 2005年1月25日)はアメリカのモダニズムを代表する建築家。ニューヨーク近代美術館(MOMA)建築部門のキュレーターとしても活躍し、ヨーロッパのモダニズム建築をアメリカに紹介した。
[3] フィリップ・ジョンソン自邸《ガラスの家》。ウェブサイトを参照。
http://philipjohnsonglasshouse.org/

***
滞在制作作品など
《無名の建築(33年目の家、習作)》、2008~2012
サイズ可変
「33年目の家」構造部材、ガラス、光拡散シート、フィルム、木、布、スチール、発泡ウレタン
撮影:山本糾

《ゴーストハウス》、2012
東北大学、宮城
Courtesy of the artist

《33年目の家》ドローイング
Courtesy of the artist

assistant_portrait

assistant [松原慈+有山宙]
撮影:山本糾

tn_DSC_4767_try

fig.1《33年目の家》、2008~2013
フォトコラージュ、奈良
©assistant

tn_P1100099

fig.2《ゴーストハウス》、2012
東北大学、宮城
Courtesy of the artist

assistant2

fig.3《無名の建築(33年目の家、習作)》、2012
国際芸術センター青森、青森
撮影:山本糾

tn_DSC_8655m

fig.4-1 松原慈作品《VOID/BETWEEN》、マラケシュ王立劇場、モロッコ、2012
Courtesy of the artist

M3

fig.4-2 松原慈作品《VOID/BETWEEN》、マラケシュ王立劇場、モロッコ、2012
Courtesy of the artist