海外派遣事業ー船井美佐さんのブラジルレポート(1)

2019.3.15.金曜日

ACACでは、昨年度より海外のAIR団体へ日本人アーティストを年に1名派遣しています。

今年度は、2007年の秋AIRと2017年の夏の個展に参加したアーティスト、船井美佐さんを、ブラジル・サンパウロの美術団体アトリエ・フィダルガに派遣しています。

船井さんは2月末から3月末までフィダルガに滞在し、展覧会とレクチャーの開催と、同地の美術教育についての調査を行います。

滞在中数回に渡り、船井さんからお送りいただくレポートをこちらでご紹介します。

力のこもったレポート、どうぞお楽しみください!

ーーーーー

1

2

ブラジルの経済の中心である大都市サンパウロ。

写真はサンパウロ美術館とそのランチビュッフェである。

ブラジルの食文化は多様だ。

ポルトガル料理がインディオの食材と混じり合ってできたポンデケージョやコロッケやスイーツ、黒人奴隷が作ったアフリカをルーツに持つフィジョアーダという豆と肉の煮込み、その他に、ロシア系ユダヤ人の料理、イタリア料理、中東のフムス、日本の椎茸や生姜や巻き寿司など、一皿の中に様々な国をルーツに持つ料理が盛られた様子は、まさに移民によって作られた国であるブラジルの社会そのものを表している。

3

今回私は、サンパウロにあるアトリエ・フィダルガにて作品を滞在制作し発表をする。

そして、それと共に、二つのテーマでリサーチを行いたいと思う。
ブラジルのアートシーンについて知ることはもちろん当然であるが、さらに個人的な研究の対象として、一つ目は、移民による異なる文化の融合と新しく生まれた文化が織りなす社会のありようについてリサーチしたいと思う。
これは私が日本画を出自として、東洋美術の特色と西洋的な近現代美術の両方を踏まえ、それらを融合させて新しい作品世界を作りたいと考えて活動してきた中で、異なる文化の融合について知ることが、自分自身の表現や、保守的になりがちな日本社会を考える上で参考になるのではないかという思いからである。近年世界的にダイバーシティが重要視され、私はその考えに大変共感を覚えるが、現在の日本社会を顧みたときに「多様性がもたらす豊かさ」という考え方は日本人の感覚と最もかけ離れている意識ではないかとすら感じる。

2017年にACACでともに滞在制作したブラジル人アーティスト、アルバーノによるとブラジルは地理や気候だけではなく多くの事が日本と真逆で、軍隊はあるが戦争をしたことはなく、多民族国家であるが差別もないとのこと。多文化の混じり合う社会とはどのようなものか、詳しく知りそこから考えてみたいと思う。
二つ目は、ブラジルの美術教育についてリサーチしたいと思う。美大での専門家に対する教育ではなく、一般大衆に対する美術教育である。

これも近年私が問題意識を持っていることで、日本は美大での専門教育は素晴らしいが、子供や一般大衆に対する美術教育の機会が決定的に不足していると感じる。
このことについて2017年のACACでの個展の際に主任学芸員の金子由紀子さんと東京都現代美術館でワンダフルワールド展を企画した山本雅美さんとクロストークを行ったのであるが、そこからこの問題についてもっと広く考えていこうということで、昨年からFulfillという任意団体を作って、シンポジウム、勉強会、子供に対する実験的なワークショップなどの活動を始めたところである。ACACの交流プロジェクトで来日したブラジル人キュレーター、ジョズエ・マトスからブラジルではサンパウロビエンナーレにおいてアーティストの教育学芸員がおかれるなど進んだ美術教育の仕組みがあると聞いた。今回、海外ではどのような美術教育の考え方があるのか、ブラジルの美術教育事情をリサーチして是非これからの参考にしたいと思う。

その前に、ブラジルという国やその成り立ちについて。メモ代わりに簡単にまとめておく。

紀元前8000年ごろからブラジルには先住民が住んでいた。
西暦1500年(日本は室町時代)ポルトガル人が漂着しヨーロッパ人にとって発見され、今から約500年前にポルトガルが植民地化した。当時ヨーロッパで需要があったパウブラジルという赤い染料が取れる木が豊富にあったためブラジルと呼ばれる。スペイン、オランダ、フランス、イギリス、インディオや黒人奴隷などとのさまざまな戦いを経て、ポルトガル王室の王子がブラジルに移住し、さらにブラジル移民とポルトガル本国との戦いの末、1822年(日本は江戸時代、文政5年)にブラジルは独立した。植民地化の間に混血が進み、戦争で共に戦った白人と黒人の間で融和が芽生え奴隷制度を疑問視する人が増え、1888年(明治22年)に奴隷解放宣言がなされた。それが今から150年前。
1889年(明治22年)には王政が廃止され、大統領による共和制に移行してブラジル共和国となった。1912年にはブラジル初の大学が設立された。国語はポルトガル語。奴隷制廃止後に労働力として、ヨーロッパからポルトガル人、イタリア人、スペイン人、ドイツ人、フランス人、また、ユダヤ人、ウクライナ人、アラブ人、日本人などの移民が導入された。1820年から1930年までに500万人の移民が流入し、350万人が定着した。多くの移民が定住したサンパウロは経済の中心となった。
第一次、二次世界大戦ではブラジルは同盟国軍側となった。国内での戦争は行われなかった。そのため対戦中にはヨーロッパの国々からさらにブラジルへ移住する移民があった。
戦後は1947年(昭和22年)南米屈指のコレクションを誇るサンパウロ美術館、1948年(昭和23年)サンパウロ近代美術館などが設立された。

1951年(昭和26年)には第一回サンパウロビエンナーレが開催された。サンパウロビエンナーレは、芸術を支援していたイタリア系ブラジル人実業家によって、サンパウロを国際的な美術の中心とするためにはベネツィアビエンナーレのような国際展を行うべきだという考えから設立された。

4

冒頭のサンパウロ美術館はブラジルの女性建築家リナ・ボ・バルディによって内部の家具まで全て設計された。画期的な近代建築として有名である。
MASP https://masp.org.br
ちょうど3月は国際女性デーがあるということで、地下展示室では女性作家3人の展覧会が開催されていた。それぞれ、ブラジルのナイーブアートの大家Pedro FigariのAfurican Nostalgiasという回顧展と、アフリカの布を使用する黒人の彫刻家Sonia Gomesの個展、現在78歳!の画家Lucia Lagunaの近作展、それぞれブラジルでとても有名で、作品の価格も高価で人気がある作家だそう。アートの世界で人種差別はあるのか聞いてみたところ、全く無いし混血が進んでいるから意味が無いとのこと。上のフロアではこちらも有名な男性作家のRubem Valentimによる、アフリカの文様をモチーフにしたモダンでミニマルな抽象作品の回顧展が展開されていた。

5

Lucia Laguna

6

部分

78

 

Rubem Valentim

彼はアフリカ系ブラジル人の祭りや文様からインスピレーションを得て、それらの文化を構成主義の表現に昇華した。
https://masp.org.br/exposicoes/rubem-valentim

9

コレクション常設展

10

最上階はコレクションの常設展示室である。SANAAがランスのルーブルで展開した、ガラス壁によって時系列に作品が浮かぶ展示方法は、実は50年前にリナ・ボ・バルディによってここで作られており、妹島和世さんはここからイメージを得たそうである。50年前からこの展示方法と聞いて驚いた。ガラスに掛けられているためボッシュやゴッホの絵の裏側を始めて見ることができて裏側に少し興奮した。そして、さらにこの日の常設展示では、女性の日を記念して男性作家の作品は入り口に対してすべて裏向きで展示されていた。男女差は一目瞭然で、現代に至るまでほぼ裏返しである。なんと気の利いた企画だろう。

そんなわけで早速サンパウロ美術館だけで、すでにブラジル社会の多様性と豊かさを垣間観た気がする。

11

アートシーン以外においても、ブラジルでは様々なルーツを持つ人が共に暮らし、混血が進んでいるので現在人種による差別は無いとのこと。ダイバーシティの理想郷のような社会に思える。しかし、経済的な格差はかなりあるようで、貧困や犯罪など様々な問題の要因となっているようだ。なぜなのか疑問に思ったが、それは、日本の相続税のような税制が無いため、生まれ持った富の格差が縮まらず、それによって受けられる教育やその後の就労などに影響しているよう。公立の学校は幼稚園から大学まで全て無料であるとのことで、素晴らしい。公立のサンパウロ大学が最もレベルが高い。しかし、日本の小中高にあたる公立校と私立校では教育の内容や充実度にかなりの格差があり、希望者の多い大学へ合格するには学費の高額な私立の学校に行かないと難しいらしく、そのために富める人と貧しい人の間で学力や経済の格差が縮まらない部分があるようだ。富める人々と貧しい人々、どちらの暮らしも総中流と言わる日本とかなりの差があるように思われる。

12

サンパウロ美術館の一階吹き抜け部分。素晴らしい建築の美術館と、素晴らしいコレクション、そしてその下で物を売る人、寝泊まりする人、警察官、学生、観光客、様々な人々が混在している。

次回のレポートでは滞在するアトリエ・フィダルガとそのアーティスト達について紹介したい。
アトリエ・フィダルガ http://www.ateliefidalga.com
画像は、これから一ヶ月滞在するフィダルカのスタジオ。

13

14

私はここで制作展示する。

素晴らしく素敵な宿泊のための部屋。壁にはスタジオメンバーの作品が飾られている。

15

16 17

18

初日にフィダルガのオリジナルバッグに入った作品集がプレゼントされた。

19

サンドラがスタジオメンバーとともにアメリカのシンシナティ・コンテンポラリーアートセンターで行っているアートプロジェクトのカタログが入っていた。
サンドラのウォールペィンティングによる空間と、多くのアーティストによるアーティストブックによるライブラリー。

CAC web

https://www.contemporaryartscenter.org/exhibitions/2017/10/contemplation-room-library-of-love

以上。

次回レポートへ続く。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外派遣事業ー鎌田さんのブラジルレポート(3)

2018.1.7.日曜日

今回が最後のレポートになります。

12月27日、28日とレジストロという20世紀初頭に建てられた日本家屋が沢山残っている地域にリサーチに行ってきました。今回もACACで一緒だったレナータが同行してくれました。
サンパウロから車で3時間ほどかけてレジストロ到着後、まずは日本文化協会会長の福澤さんにお会いしてお話を伺います。
01
レジストロは1916年頃から日本人の移住が始まり、数年で250ほどの家族が移住されたそうです。ブラジルにおける日本家屋は当時最初に移住した人たちが建てた簡易的なものを第一期住宅、その後定住目的に建てられたものを第二期住宅と呼び、現在は第三期、第四期の住宅がほとんどなのだそうです。
レジストロには1920年〜30年代に建てられた第二期住宅が多く現存しています。(ちなみにレジストロ地区の第二期住宅の一軒は名古屋の明治村に移築されています。)ブラジルの日本建築の研究をされている肱岡さんも同行してくれ、4人で日本家屋が残る森の中まで車で向かいました。
02
レジストロはサンパウロのアマゾンと呼ばれているそうで、整備されていないジャングルの中の道をどんどん進んで行くと突然、日本家屋が現れました。
03
日本のほぼ真裏のジャングルにひっそりと存在する築100年近い朽ちた日本家屋。この日本家屋が現存しているという事実に感動しながら写真と映像をひたすら撮りました。
04
建築にまつわる歴史を色々と伺う中でとても興味深いエピソードを伺いました。当時日本から来た人たちは建築の工法の知識はあってもブラジルの木材に関する知識は全くありませんでした。この地域の森には日本の人々が来るだいぶ前から1888年の奴隷制廃止によって解放された人々が住んでいたようです。その先住民たちはブラジルの木や植物の特性を良く知っており、日本から来た人々と接触し、材料の特性や使用法を伝えたそうです。この時点で文化が混ざり合っており日本の日本家屋とは少し違う日本ブラジル家屋が生まれていたのだと驚きました。

当時の人々の暮らしに思いを巡らせてみましたが、その過酷さは想像できないほどであったと思います。
しかし実際にこの地を訪れ、視覚情報ももちろんですが、気温や湿度を体感し、匂いを嗅ぎ、飛び交う虫を払いながら、ぬかるんだ土を踏みしめていると、本やインターネットでリサーチをしていた時の何百倍、何千倍もの情報を受け取ることができました。ほんの少しですが歴史にダイレクトに触れた思いでした。

二日間で8軒の日本家屋を案内していただきました、少し写真でお見せできればと思います。
05
06 0708

09
案内していただいた福澤さんや肱岡さん達はこういった日本家屋の保存運動を行っているのですが、素材面、技術面、管理面などで多くの課題があるとおっしゃっていました。保存の困難さも含めて次作のプロジェクトはこのレジストロと日本をテーマに何かできたらと思います。
ちょうど一昨年ACACにて発表した「The House」の水面に映る反転した家屋のイメージが、文字どおり反転した位置に存在しているブラジルの日本家屋のようで、二つの家屋の関係を主軸にした新作のイメージを強く思い描きながらレジストロを後にしました。
10_2
ブラジルレポートはこれで最後になります。ご一読ありがとうございました。

アトリエフィダルガ主宰のサンドラ、アルバーノを始め、一緒にリサーチをしてくれたレナータ、レカ、またサンパウロのアーティストの皆様、レジストロの皆様、モジダス・クルーゼスの皆様、日本移民資料館の皆様、最後にこのリサーチプロジェクトに送り出してくれたACACの皆様、本当にありがとうございました。
このリサーチが作品に結実し皆さんにお見せできる日を楽しみにしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外派遣事業ー鎌田さんのブラジルレポート(2)

2017.12.27.水曜日

前回のレポートから少し間が空いてしまいましたが、ブラジルでのリサーチについてご紹介できればと思います。
私は現在、1900 年代頭から戦後までの間に建設された⽇本家屋についてのリサーチを韓国、⽇本、アメリカをメインに⾏っています。韓国には1910 年以降、統治⽬的に数多くの⽇本家屋が建設され、未だにその多くが残っています。韓国には⽊材資源が少なかったため⽇本から⽊材が運ばれました。しかし⽇本とは気候や環境が違うため、現在残されている多くの⽇本家屋は壁が増設されたりリノベーションされていますが、歴史問題を考えるための重要な役割を果たしています。

⼀⽅ブラジルには1908 年以降多くの⽇本⼈が移⺠として住み始めます。もちろん状況は韓国とは全く違い、労働者として移住した⼈たちは当時森林を伐採するところから⽣活を始めなければなりませんでした。当時の⼈たちがいかに⾃分たちの⽂化様式をブラジルの地で作ることができたのか、またはできなかったのか。⼤きく環境が変化した時に⽣活の基盤としての建築はどのように変化、適合するのか。といったことがブラジルでのリサーチのコンセプトです。

IMG_6289_2

↑「⽬で⾒るブラジル⽇本移⺠の百年」より抜粋

まずは前回のレポートでも掲載した⽇本⼈移⺠博物館に再び伺い、図書資料室の担当の⽅にお話を伺い、様々な写真を⾒せていただきました。写真はレジストロ地区の⽇本⼈が建てた建築ですが、開⼝部のあり⽅が⽇本のものとは異なるようです。材料はブラジルの⽊材を使い、壁は⽇本式の⼟壁を使っていたようです。レジストロは今週リサーチに⾏く予定なので後⽇また詳細をレポートできればと思います。

IMG_5947_2

IMG_6027

IMG_5950_2

さて先⽇はモジ・ダス・クルーゼス地区に残る1942 年築の元紅茶⼯場の⽇本建築を調査してきました。カザロンドシャと呼ばれる建物で現在は国指定の重要⽂化財になっています。⽇本⼈⼤⼯の花岡⼀男さんが設計、建築したそうです。リサーチはACAC で⼀緒にレジデンスをしていたアーティストのレナータとアトリエ・フィダルガに滞在しているアーティストのレカが同⾏してくれました。この建築は去年のACAC でのレジデンス中にレナータが⾒せてくれたもので、こんなに早く実際に訪れることができて多⽅⾯に感謝です。

IMG_6196_2

カザロンドシャはとても特異な建築で、基本⼯法は⽇本式ですが⽊材は現地のユーカリ材を使⽤し、内部には⼤きな空間を作るためにブラジル式のトラス構造が使⽤されています。

IMG_6241

⼀番驚いたのは⽊材の⾃然の形をそのまま利⽤し、⽊組された部分です。

IMG_6214

IMG_6201_2 IMG_6161_2 IMG_6164

IMG_6163

↑これは階段部分です。

⽇本の茶室などの⼀部に⾃然そのままの⽊材を⽣かして使⽤している例は⾒たことがありますが、ここまで⼤胆かつ複雑に組まれたものは⾒たことがありませんでした。そもそも⼯場建築にここまでこだわった作りをしていることが不思議ですが、⼤⼯の花岡さんは⽇本で学んだ技術とブラジルの⼤らかな⾃然環境の融合を試みたのかもしれません。建築にまつわる様々な規定から解き放たれ、建築における造形性を探求した花岡さんの個⼈的な野⼼を感じ取ることができました。

現在管理をしているのは中⾕さん親⼦で、当⽇は年末で休館中にも関わらず内部⾒学をさせて頂き感謝です。普段は⽂化施設として展覧会なども開催しているそうです。⽇本語とポルトガル語でインタヴューもさせて頂きました。

IMG_6231

IMG_6207

ちなみに周りは⼤⾃然でカピバラが出るそうです。

IMG_6250

素材、気候などの環境的条件と個⼈のアイデアで建築様式がここまで変化することに驚きましたが、次回は⽇本の家屋様式に近い建築がいくつか残っているレジストロ地区のレポートを書きたいと思います。

最後にいくつか写真を。
イビラプエラ公園内にある⽇本パビリオンへのリサーチの様⼦。

IMG_6056_2

↑⽇本建築とブラジルの植物たち

IMG_6123

↑⽇本語で話せるので⼀安⼼なひと時。

IMG_6093_2 IMG_6097_2

同公園内にはたくさんのオスカーニーマイヤー建築があります。開放的でした。

次回が最後のレポートになるかと思います。それでは!

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外派遣事業ー鎌田さんのブラジルレポート(1)

2017.12.17.日曜日

現在ACACの海外派遣事業にてブラジル、サンパウロのアトリエ・フィダルガというレジデンススペースに滞在しています、鎌田友介です。現地からのレポートを今後数回に渡ってお届けできればと思います。

初回はレジデンスの様子やサンパウロの街の様子をお伝えします。

アトリエ・フィダルガはアーティストのサンドラ・シントとアルバーノ・アフォンソご夫妻によって運営されているレジデンス施設です。サンドラ、アルバーノともにACACにて滞在制作経験がありますが、地理的にACACとフィダルガは正反対なだけでなく、気候、人々、都市のど真ん中にある事、スペースの規模、など全てが対照的だと笑い合っていました。(もちろんどちらも良い意味で、です。) ACACでは夜は物音ひとつしない環境でしたが、こちらは毎日夜中サンバのドラムが鳴り響いています。

とにかくサンドラとアルバーノの人柄が素晴らしく、リサーチから生活のあれこれまで本当にお世話になっています。

レジデンスには僕の他にも数名のサンパウロのアーティストがスタジオ利用をしています。