9月9日船井WS「いろのらくえん-モビールづくり」

2017.9.15.金曜日

少し遅くなりましたが、9月9日に開催した船井美佐さんのワークショップ「いろのらくえん-モビールづくり」のレポートです。

船井さんが出品しているすべり台や木馬の作品のように、動物や植物に切り抜かれた色面を構成して絵画空間を作るワークショップです。

まずは船井さんから展覧会に出品している作品のことや、各地にあるパブリックアートについてのお話がありました。

IMG_6484s

それからパーツを選びます。
土台になる丸いものを1つ、それに組み合わせる小さいものを6個選びます。

IMG_6482s IMG_6493s IMG_6495s IMG_6498s

それから、色を選びます。

今回はアクリル絵の具を使いました。
子供が絵具を使うとき、含ませる水の分量の調節が難しいので、ボトルから出したらそのまま使えるようになっているものを使いました。

基本的に1つのパーツに1色塗ります。

IMG_6501s IMG_6507s IMG_6513s IMG_6515s IMG_6518s IMG_6522s IMG_6533s

色の選び方もそれぞれ。
小さい女の子が渋いカーキや紺を選んでいたり、パステルカラーでまとめたり。

基本1パーツ1色ですが、色を塗り分けたり。

IMG_6537s

インコを飼っている人がインコの顔を描いたり。

IMG_6559s

裏表色を塗ったら、糸でつないでいきます。
パーツには元々穴が開けてあり、そこに糸を通してつないでいきます。
どこにどのパーツをつなぐかも重要ですが、糸の長さによってもだいぶ構成が変わってきます。

IMG_6535s IMG_6536s IMG_6541s IMG_6544s IMG_6545s
最後に完成したものを一人ずつお披露目してもらいました。

IMG_6553s IMG_6556s IMG_6565s IMG_6573s IMG_6579s IMG_6582s IMG_6586s IMG_6589s IMG_6596s IMG_6610s IMG_6611s
どのパーツにどの色を塗るかによっても全体の印象がガラリと変わってきます。土台の丸いパーツが面積が大きいので影響が大きいということがあります。逆に小さいパーツにビビッドな色を入れてポイントにした人もいました。
また、選ぶ色は本当に人それぞれ異なり、船井さんによるとその人が来ている服の感じに似ていたり、何となくその人自身を表すように見えるとのこと。
大人には思いつかない子供の配色には、船井さんも親御さんも感嘆していました。

船井さんがドローイングを描き、参加者の方が色を塗り、協同制作のようなワークショップにもなりました。

それぞれのご家庭で持ち帰った作品を楽しんでいただけたら嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバーノ・アフォンソ ワークショップ「モビールで作る日常の世界」

2017.8.25.金曜日

8月19日、開催中の「浮遊する影と光」展の関連イベントとしてアルバーノ・アフォンソのモビールのワークショップを行いました。
はじめに、モビールの上の部分の棒となる木の枝と、吊るすパーツの素材を探しに創作棟の外へ出かけます。吊るす素材は形の気に入ったもの、面白い葉っぱや石、木の実などを探します。
天気のいい土曜の午後、アルバーノさんと一緒に森を散策。
IMG_6158 P1190729 P1190730

素材を見つけてきたら、スタジオの奥の部屋に移動します。
そこではプロジェクターを使って画用紙の上に影絵を投影し、輪郭を鉛筆で描いていきます。ギャラリーBで展示しているアルバーノさんの作品にも出てくる鳥の形を作って、光からの距離で影の大きさが変わることを試してみたり、見つけてきた葉っぱなども光に通して影を映して形を描きます。
影は平らな壁の上に輪郭だけを映し出し、角度によって実物を目で見るのとは大きく印象が変わるのを体験。 形を正確に描くのではなく、輪郭を自動的になぞることで思いがけない線が描けることを楽しみました。IMG_6169    IMG_6174

IMG_6176

IMG_6178

スタジオに戻って影の形を切りとります。切り取った形に絵を描いたり別の紙を貼ったり。

IMG_6181 IMG_6180

指に木の枝を乗せて支点を探し、紐で吊ったらモビールのパーツもどんどん吊り下げていきます。

IMG_6155

  IMG_6190

IMG_6195

パーツは一つつけるとバランスが崩れてしまいます。つける間隔や数、パーツの大きさなどによって変化するバランスを観察し、それらをどんどん変えてみることが大切だと、アルバーノさんは言います。

IMG_6198

IMG_6210 IMG_6204

それぞれ完成したら、また奥の部屋でプロジェクターからの光を使ってモビールを投影してみました。葉っぱや石が影の形として軽やかなモビールとなって揺られ、再び影となって壁に映し出されると、 幻想的な空間となりました。

IMG_6216

IMG_6218

IMG_6222 IMG_6221

このエントリーをはてなブックマークに追加

キッズ工作室2回目

2017.8.20.日曜日

本日はキッズ工作室2回目を開催しました!

夏休みも残り4日のせいか、前回よりも参加者の方は少なくゆっくり楽しんでいただけました。

 P1190759s P1190761s P1190763s
このエントリーをはてなブックマークに追加

キッズ工作室1回目

2017.8.5.土曜日

本日は「キッズ工作室」と題して、簡単な工作を楽しむワークショップを開催しました。

紙コップで作るちょうちんと、はっぱのネックレスという2つの工作を用意していましたが、ちょうちん派が圧倒的多数でした!
紙コップに穴をあけ紐を通して竹ひごに結わえるという簡単な工作ですが、絵を描いたりビーズやテープを付けたりして、それぞれオリジナルの素敵なちょうちんができました。

最後の方にはちょうちんではなくモビールにアレンジする人もちらほら。

次回開催は20日(日)13:30-15:30です。

次回は今回の人気ぶりを踏まえて、ちょうちんのみご用意します。

IMG_6079s

IMG_6083s

IMG_6092s

IMG_6098s

IMG_6104s

IMG_6118sIMG_6125s

IMG_6143s

IMG_6135s

IMG_6136s

IMG_6141s

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月29,30日船井美佐WS「いろのらくえんー丸と穴」

2017.8.2.水曜日

7月29(土)30日(日)は船井美佐さんのワークショップ「いろのらくえん-丸と穴」を開催しました。
文化施設や公民館などで企画される様々な造形講座は小学生以上向けのものがほとんどですが、今回は未就学児も参加できるよう、3歳以上から参加できるようにしました。

今回は5mのビニールキャンバスに、船井さんがご自身の作品にも使用する塗料を使ってみんなで絵を描きました。

最初に船井さんから作品のお話をしていただきます。

IMG_5865s
船井さんは絵画とは何かを一貫して追求し、奥行きが無いフラットな色面を構成したり、その上にドローイングをしたりということを試みています。
今回のワークショップでもみんなで大きな画面に絵を描いていって、最終的に全てが混じり合って大きな色面が出来る予定です。
また、普段の制作では作品の中に入り込んで行くことを考えて鏡を用いたり、体験型の作品を制作していますが、今回のワークショップも、自分の体より大きなキャンバスの上で自由に塗料と戯れることで、絵と一体化するような体験が用意されました。

お話が終わったら早速好きな色を選んで描き始めます。
紙皿1つに色を1つ入れて、別の色を使いたい時は新しいお皿に入れて筆も新しくします。

IMG_5853s

IMG_5873s IMG_5869s

 

塗料は赤と黄を基調に準備しました。
色数が多いと混ざった時に濁ってしまうという理由が1つ。
そして、青森の人の情熱やお祭りの色から、船井さんにとっての青森の色は赤なんだそうです。

子供さんの年齢によって描くものも様々。
年齢が高いと自分が思い描いた模様や形を描いていき、小さいお子さんは手を動かして画面に色が乗るのを楽しんでいる様子。

IMG_5941s IMG_5946s IMG_5947s IMG_5940s

途中で船井さんが大きなローラーで画面中央に線を引いていきます。

そうすると、「こっちも描いていいんだ!」と描く範囲が広がっていきます。

IMG_5972s

だんだん自分が描いた形が隣と混ざって、混ざった上に更に絵の具を乗せて絵の具の重なりを楽しんだり。

IMG_5959s IMG_5962s IMG_5953s

手に絵の具を塗って手形を付けていったり。

IMG_5982s IMG_5954s

手形の延長で、手で絵の具を混ぜて感触を楽しんだり。

IMG_6006s

絵を描くというより、絵の具と戯れることと画面の中に没入していくように見えました。

IMG_5985s IMG_5993s IMG_5996s IMG_6004s IMG_6009s IMG_6010s  IMG_5971s

最後は気に入った所を丸く切り抜き、みんなで鑑賞会をしました。

IMG_6020s IMG_6022s IMG_6037s

その後、キャンバスを野外ステージに運んで穴から顔を出して記念撮影。

IMG_6054s

ワークショップを通して、最初は手元に小さく描いていても、周りの様子や船井さんの誘導によってどんどん、こんなこともしていいんだ!こっちにも描いていいんだ!と子供さんがどんどんのびのびと自分を解放していく様子が見られました。
鑑賞会でも、発表者を募っても最初はみんなモジモジしていましたが、1人、2人と発表するうちにどんどん発表者が増えて行きました。
そんな子供達の様子を見て、子供達にここまでやってもいいのだ、こんなこともしてみていいんだ、と本人達が気づかずに奥にしまっている可能性を様々な刺激によって引き出してあげることが、いわゆる「成長」につながるのではないか、
つまり、成長とは外から何かの技術を獲得することではなく、中にあるものが表に出てくる状態ではないかと考えさせられました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

福田紗也佳ワークショップ「どんな面をみている?」

2017.5.27.土曜日

ヴィジョン・オブ・アオモリvol.15 「積績を履む」の関連ワークショップを行いました。今回の展示に出品しているお面シリーズの作品のように、ACAC周辺の森の風景を撮影した写真を切り貼りしてお面を作りました。

ギャラリーBで展示作品についての話を聞いたあと、さっそく写真を撮りに行きます。

IMG_2370 (2)IMG_2372 (2)P1060093 (2)

今日の天気は雨時々曇りでしたが、野外彫刻や四季のアーケード、森や池などそれぞれ気になる風景をカメラに撮っていきます。どんなお面を作るか考えながらカメラを向けると、いつもと違った風景が見えてきます。IMG_2376 (2)

P1190238今回は、きつねの形をしたお面で作ってみました。 撮った写真を和紙にプリントしたら、いろんな形、大きさ、色に分けてちぎっていきます。

P1190242

P1190255  P1190258

普段は福田さんが絵の具に混ぜて使っているアクリルメディウムを接着剤として使っており、貼った上からも再度塗ると和紙がしっかり固まり、ちょうどいい艶もでます。刷毛を使うのもだんだん慣れてきました。P1190266

P1190273 (2) P1190265 P1190254 (2) P1190274

福田さんの作品の制作方法や、活動拠点の愛知県の話を聞いたりと交流しながら、きつねのお面が完成!風景の色をうまく合わせてきつねの表情を作ったり、違う風景どうしを思い思いに合わせたりして、いろいろなお面ができました。

自分ではないものに変身するためのお面ですが、かぶる人が見て撮った写真と貼り方によって、それぞれの個性がお面に表れました。

P1190280P1190287 (3)

このエントリーをはてなブックマークに追加