AIRSミーティング開催!※AIRS以外の方も大歓迎!

2018.9.13.木曜日

ACACとACACに滞在するアーティストの活動を支えるボランティア団体「AIRS(エアーズ)」と、秋AIRの滞在アーティストのみなさんとの顔合わせのミーティングを行います。

このミーティングでは、アーティストからは制作プランや青森でやってみたいこと、行ってみたいところなどを伺い、ボランティアのみなさんからは様々なお知恵と情報をいただいて、交流を図り、ACACでのレジデンスがアーティストにとっても、AIRSのみなさんにとってもより充実した面白いものになることを目指します。

AIRSに登録していない方でも興味がある方はどなたでも大歓迎です。申込不要、当日会場までおいでください。

日時:9月23日(日)10:00-12:00
会場:ACAC AVルーム(場合によってラウンジになることもあります。当日会場案内の看板に沿っておいでください。)

http://www.acac-airs.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加

辻けいさん映像作品制作

2018.8.18.土曜日

昨年生まれ変わった辻けいさんの野外彫刻で、本日辻さんと辻さんが教鞭を執る東北芸術工科大学の学生さんとで映像作品のための撮影を行いました。
前半は、3歳から10歳までの子供さんにご協力いただいて賑やかに、後半は学生さんにご協力いただいて厳粛な雰囲気で、撮影は進みました。

最後は辻さんご自身が被写体となり終了。

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

走り回って写真に写らない子供達

IMG_0948

IMG_0952

 

 

できた映像をみんなで確認

IMG_0954 

大学生はしっとりと

IMG_0959IMG_0961 

最後は辻さん登場

IMG_0965 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガブリエラ・マンガノ&シルヴァーナ・マンガノ            トークイベント

2018.8.9.木曜日

8月4日は、開催中の夏のアーティスト・イン・レジデンス参加作家のうちの一組、ガブリエラ・マンガノ&シルヴァーノ・マンガノのトークイベントを行いました。

マンガノさんはパフォーマンス、映像作品を主に制作しています。
本展では、青森という地名の「青」に影響を受けたことからリサーチし、明治時代に発行された『青鞜』という、フェミニズム運動に関連した女流文芸雑誌の中にある詩をもとにビデオインスタレーションと彫刻を制作しました。
このトークイベントでは、これまでの活動の経緯を、過去の映像作品等をまじえてお話してくれました。

KIMG1616

001

IMG_0672

イタリア人のご両親をもつマンガノさんは、幼いころから音楽に親しむ環境で育ったそうです。物心がついた時に初めて見たレコードジャケットのアートワークや古い白黒映画がその後の制作に影響を与えたといいますが、その中で一番着目していたのが、役者話している内容よりも、身振り手振りだったそうです。

はじめはそれぞれがドローイングを制作していましたが、その後二人で行うパフォーマンスを撮影した映像作品を制作するようになります。
スケッチをするために手を動かす瞬時性と、カメラで瞬間の動きをとらえることを同じことし、空間の中でパフォーマンスをする人の身体自体を線としてとらえていたといいます。

IMG_0678

その後表現する対象は社会や政治に変化していきます。
マスメディアやネットで飛び込んでくる映像や写真にでてくる人々の身振り手振りを取り入れたパフォーマンスを行い、社会で起きている出来事を、人の身体の動きで「翻訳」することを試みます。
社会に関心をもち、歴史の瞬間を記録するという役割も意識するようになったそうです。

KIMG1614

IMG_0689

IMG_0685

最後に、今回のプログラムの作品について解説がありました。
作品で取り入れた『青鞜』の中の詩には複数の言語の翻訳があり、マンガノさん達も自身の「翻訳」を作ろうとしたといいます。
映像の中で見られる身体をなぞる動きは、自分の存在を表し、地を触る動きでは、その空間に自分がいること、詩の一節にある山の噴火の描写を表しているということを話してくれました。

  KIMG1615   

次回は、今週末の11日です。同じく本展プログラムの参加作家のサヒル・ナイクさんのトークイベントを行います。作品をより深く知ることができる機会となります。ぜひお越しください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

初物

2018.6.18.月曜日

今日は今年初のトンボを見ました。羽化したてで羽根を乾かしている、ちょっと透明なトンボです。
It was the first day to see the dragonfly. This is just finished to hatch and dry its wing. looks bit transparent.

IMG_9964

このエントリーをはてなブックマークに追加

Unlimited部門紹介(3)BCL(福原志保+Georg Tremmel)

2018.1.17.水曜日

「AOMORIトリエンナーレ2017」のUnlimited 部門開催まであと3日です。
DNAの塩基配列を化学合成、あるいはプリントする装置であるというDNA合成装置を作っているゲオアグ・トレメルさん。ネットなどで簡単に手に入る材料でDIY(手作り)しています。
展示を通して、鑑賞者にDNA合成装置の身近な存在に気づかせ、DIYバイオを取り巻く問題を投げかけます。
IMG_8532IMG_8530IMG_8526IMG_8525

このエントリーをはてなブックマークに追加

Unlimited部門紹介(2)池上高志+植田工

2018.1.16.火曜日

引き続き「AOMORIトリエンナーレ2017」、Unlimited部門の作品展示の様子を写真でご紹介します。
先週来青して、ギャラリーBで作業を進めた池上高志さん+植田工さんのインスタレーション制作。京都からの専門的な知識を持ち合わせたメンバーが応援に駆けつけ、植田さんと一緒に昨日から作業を再開しています。
大きな台の上では、化学として、情報として、機械として、運動としての生命、7つの人工生命の可能性が試されます。
http://www.aomori-triennale.jp/
IMG_8511
IMG_8523IMG_8517IMG_8508

このエントリーをはてなブックマークに追加