新型コロナウイルス感染対策について

2020.9.16.水曜日

【ご来場の皆様へ】

新型コロナウイルス感染対策のため、ご来場の皆様は、下に記載いたします注意点にご留意の上、ご来場いただけますよう、お願い申し上げます。

今後の状況によっては、展覧会および関連イベントの延期・中止の可能性も考えられますので、ご来館予定の方は、当館Webサイトや、Twitter、公式Facebookなどの最新情報をご確認の上、ご来館くださいますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症対策に関する、
ご来場のみなさまへのお願いと取り組みについて

◎ ご来場されたお客様は、ご自身の来場日時など情報を記録(記憶)していただき、ご来場者に新型コロナウイルス感染者が発生した場合における保健所の聞き取り調査へのご協力をお願いいたします。

◎館内は定期的に換気を行っております。展覧会は他の来館者と間隔をあけて鑑賞してください。イベント時は可能な限り他の来館者との間隔をあけて座っていただくようお願いいたします。そのため、イベント当日に会場を広い場所へ変更をする場合があります。ご了承ください。

◎会場には入口にアルコール消毒液を設置します。また、共用部分はアルコール消毒を行います。

◎マスクの着用、咳エチケット(くしゃみや咳をする際、マスクやティッシュ、ハンカチ、衣類の袖などで口や鼻をおさえる)や手洗いうがい等の感染症対策へのご協力をお願いします。

◎感染予防のため、スタッフはマスクを着用する場合があることをご了承ください。

◎少しでも具合が悪い場合は無理をせず体調管理にお気をつけいただき、来館をご遠慮ください。来場前に検温を実施していただき、37.5℃以上の発熱や風症状がある場合は来場をお控えください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年度博物館実習 実習生募集

2020.3.10.火曜日

国際芸術センター青森では、2020年度の博物館実習の希望者を募集します。

実習を希望する方は、以下の要項を確認の上、ご応募ください。

>>募集要項pdfはこちら

1.期日

2020年9月8日(火)―12日(土)10:00-17:00(昼休み1時間)

※公募型アーティスト・イン・レジデンス実施期間中

2.実施場所

青森公立大学国際芸術センター青森(ACAC)

3.対象

学芸員資格取得見込みがあり、国際芸術センター青森の活動(アーティスト・イン・レジデンス、キュレーション、教育プログラム等)に興味を持つ者。

4.実習内容

アーティスト・イン・レジデンス、教育プログラム、広報等に関わる講義及び実務実習。

5.募集人数

若干名

※応募者多数の場合、書類審査を行う。その際、青森県出身者及び県内の大学・大学院に在籍する者を優先する。

6.申込方法

応募書類をメールにて送付。送付先:acac-1@acac-aomori.jp

7.応募書類(全てpdf形式にすること)

・履歴書(任意の形式)
・レポート(ACACを志望する理由/卒論やゼミのテーマについて/美術や美術館に関して興味があることについて/これまでに見た展覧会やアートプロジェクト等で印象的だったものとその理由)1,000文字程度

8.書類提出期限:2020年4月10日

9.その他

・当館は博物館類似施設となるため、その旨を所属大学に確認の上お申込みください。

・当館には収蔵作品はありません。そのため、作品の収集・保存・修復に関わる実習は行いません。

・実習費用は無料です。

10.書類送付先・お問合せ

青森公立大学国際芸術センター青森 博物館実習受付係(金子・村上・慶野)

〒030-0134 青森市合子沢字山崎152-6
TEL: 017-764-5200   FAX: 017-764-5201

MAIL: acac-1@acac-aomori.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年度年間スケジュールのご案内

2020.3.1.日曜日

ACACでは2020年度、大まかに春夏秋冬の4シーズンに分けてプログラムを開催します。お楽しみに!(4月14日更新)

各事業の開催時期・内容に関して、やむを得ず変更となる可能性があります。
今後の状況については、随時当ホームページ及び当館のSNS(Facebook、Twitter)でお知らせいたします。
各事業の詳細については、それぞれのウェブページにてご確認ください。

「いのちの裂け目ー布が描き出す近代、青森から」
展覧会会期:2020年4月11日(土)~6月21日(日) → 5月7日(木)予定~6月21日(日) 10:00-18:00、会期中無休
参加アーティスト:遠藤薫、碓井ゆい、林介文(台湾)
アジアを拠点として手芸や工芸、伝統文化の技術をもとに現代美術の活動をするアーティスト3名が、青森市が所蔵する布にまつわる文化や歴史のリサーチを基に、新作を発表します。
http://www.acac-aomori.jp/air/2020-1/


「アーティスト・イン・レジデンス2020 Open Call:Call for Open」

プログラム実施期間:2020年6月17日(水)-9月22日(火) → 9月16日(水)―12月22日(火)
公募で選ばれた国内外のアーティストが、リサーチや作品制作、ワークショップや公演、展覧会などを行います。各イベントの日時は決まり次第ウェブサイト等にてお知らせします。

「AOMORIトリエンナーレ2020」(青森市との共催)
※新型コロナウイルス感染拡大のため中止決定
展覧会会期:2020年10月3日(土)―11月23日(月・祝)
2020年度に通年で開催される青森市主催の「AOMORIトリエンナーレ」の一環として、ACACを会場に現代美術の分野で活動する国内外のアーティストが展覧会を行います。(アーティスティックディレクター:椿昇氏)

2020年11月末―2021年3月頃
サウンドアートや演劇、版画などのワークショップや公演を行います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスに伴うイベント中止のお知らせ

2020.2.27.木曜日

令和2年2月26日に政府より発表された「大規模イベントの中止・延期・規模縮小要請」を受けて、青森公立大学国際芸術センター青森では学内協議の結果、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、予定しておりました以下のイベントを中止することといたします。

 

 

◎ACAC冬の芸術講座2020「凍てつく窓をあける術」

・2020年3月7日(土)、8日(日)

版画ワークショップ「自分の顔de雪だるまを作ろう」

・2020年3月15日(日)

映画「ナイトクルージング」上映+田中みゆきトーク

 

 

楽しみにしていた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解とご協力のほど、何卒お願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年度海外派遣事業 鈴木基真さん

2020.2.17.月曜日

ACACでは2017年度から、海外のAIR実施団体へ、ACACと関わりのある日本人アーティストを派遣してきました。

2017年度は鎌田友介さん、2018年度は船井美佐さんを派遣しました。

お二人のレポートはこちら>>http://www.acac-aomori.jp/category/acacblog/%e6%b5%b7%e5%a4%96%e6%b4%be%e9%81%a3%e4%ba%8b%e6%a5%ad/

そして今年度は、来週から鈴木基真さんがブラジル・サンパウロのアトリエ・フィダルガに約1か月滞在します。

鈴木さんは2018年の夏AIRに参加した彫刻家で、ブラジルでは現地の造形文化をリサーチしてくる予定です。

現地の様子をレポートしていただく予定ですので、ご期待ください!

2019年度海外派遣事業

派遣期間:2020年2月25日-3月21日

派遣先:アトリエ・フィダルガ(サンパウロ、ブラジル)http://ateliefidalga.com.br/

派遣アーティスト:鈴木基真 http://tsca.jp/ja/artist/motomasa-suzuki/

ACACでの作品についてはこちら>>http://www.acac-aomori.jp/work/2018-2-4/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末~2月の休館のお知らせ

2019.12.18.水曜日

年末年始と年明けの休館日のお知らせです。

12月29日(日)-1月3日(金)-年末年始休館

1月18日(土)、19日(日)-青森公立大学にてセンター試験実施のため

2月24(月・祝)、25日(火)-青森公立大学入試のため

 

このエントリーをはてなブックマークに追加