ヴィジョン・オブ・アオモリvol.12「蒔苗正樹展 Polylogue」

青森ゆかりのアーティストを紹介する展覧会、ヴィジョン・オブ・アオモリ。作品は人それぞれが持つ記憶や感情が宿るメディア(媒体)である、と考え、言葉にならない心の襞に真摯に向き合いかたちにし続けてきた蒔苗正樹の個展を開催します。

>プレスリリースはこちら

蒔苗正樹

1961年 青森県弘前市生まれ

1985年 弘前大学教育学部卒業

 

2008-2011年 B-Plains(障がいのある人たちのための美術作品制作グループ)主宰

 

【主な展覧会】

2013年 個展「breath」ギャラリーNOVITA、青森

2012年 個展「docomademo」ギャラリーNOVITA、青森

2011年 個展「Naming わすれられた たくさんのなまえ」ギャラリーNOVITA、青森

2010年 「ぶるるん 日々を自分を刻むこと展」(B-Plans主催、企画で参加)、青森県立美術館コミュニティギャラリー、青森

2009年 個展「通信 correspondence」ギャラリーNOVITA、青森

2008年 個展「Rabbits and their forest」ギャラリーNOVITA、青森

2007-2013年 グループ展「あかりのありか」ギャラリーNOVITA、青森

 

 

日時
2015年2月7日(土)~3月15日(日)10:00~18:00
会場
ギャラリーB
対象
無料
DSCN0254_small