ヴィジョン・オブ・アオモリvol.17 塚本悦雄|彫刻ファーム

塚本悦雄は、彫刻は自然のものに人の手を加え、自然現象を作為的に作り出すことではないかと仮定し活動しています。青森県弘前市に拠点を置き制作を行う塚本は近年、自然豊かな青森でも、農園の作物には人間による様々な介入が行われていることや、津軽藩の武士により飼育されていたという金魚「津軽錦」が人為的に交配された生き物であることなど、地域の現在や歴史を読み解きながら、自身の彫刻観と重ね合わせ作品を制作してきました。

青森ゆかりのアーティストを紹介する展覧会シリーズ「ヴィジョン・オブ・アオモリ」の17回目となる本展では、作品を作り出す場をファーム(農場)と捉え展示を行います。そこでは自然に介入する人間の、そして芸術家の欲望を俯瞰的に見つめる作家の視点が浮かび上がるでしょう。

【関連イベント】
オープニング・アーティストトーク
日時:4月20日(土)14:30-15:30
対象:どなたでも
内容:塚本悦雄と同時開催の展覧会「弧上の光」を開催中の石田尚志が展覧会と作品についてお話しします。

■ワークショップ「石膏で浮き彫り彫刻をつくろう」
日時:5月25日、26日(土、日)13:00-15:00※2日間で1つの作品を作ります。
対象:どなたでも。小学校低学年のお子様は保護者の方のお手伝いが必要です。
定員:12名
材料費:500円
内容:石膏で直径約20cmの円盤型レリーフ作品を作ります。1日目は粘土で原型を作り、石膏で型抜きします。2日目は型から取り出した石膏を削って整え、仕上げます。自由にデザインした自分だけの作品を作りましょう。

 

塚本悦雄(つかもと・えつお)

1962年 熊本県生まれ
1989年 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了(サロン・ド・プランタン賞)

個展
2015年 「TSUGARUNISIKI in TENNESSEE」テネシー大学マーティン校・Library gallery、アメリカ
2013年 「塚本悦雄—ポートレート-」旧三和化学教材、青森
2009年 「塚本悦雄展—ケイトウ-」メグミオギタギャラリー、東京
2008年 「塚本悦雄彫刻展」アートサロン光玄、名古屋
2002年 「塚本悦雄個展」ギャラリー北村、東京
2000年 「塚本悦雄彫刻展」ギャラリー山口、東京
1990年 「塚本悦雄彫刻展」ときわ画廊、東京
1988年 「塚本悦雄展」ギャラリーK、東京

主なグループ展
2018年 「あかりのありか15th Edge ハシッコ」GALLERY NOVITA、青森
2018年 「ひろさき美術館3−コラボ×コラボ×コラボ」まんなかギャラリー、青森
2017年 「あかりのありか14th「反射(リフレクション)」GALLERY NOVITA、青森
2016年 「ひろさき美術館−武家屋敷×アート マレビトの祀り」弘前市仲町伝統的建造物群保存地区、青森
2015年 「第10回アトリエの末裔あるいは未来」東京藝術大学大学美術館陳列館、東京
2011年 「美術館は動物園展 美術に表現された動物たち」小杉放菴記念日光美術館、栃木
    「XYZ」メグミオギタギャラリー、東京
2008年 「MANIF14!2008」芸術の殿堂、韓国
2007年  「アクア・アート・マイアミ07」アクアウィンウッド、アメリカ
2006年  「スキノデリック−彫刻の表層—」東京藝術大学大学美術館陳列観、東京

 

主催:青森公立大学国際芸術センター青森 
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団

日時
2019年4月20日(土)-6月16日(日)10:00-18:00
会場
国際芸術センター青森ギャラリーB
対象
無料
チラシ画像web用