ヴィジョン・オブ・アオモリvol.16-Part1
柿崎真子 | アオノニマス 潜

国際芸術センター青森では、「ヴィジョン・オブ・アオモリ」と題して、青森ゆかりのアーティストを紹介する展覧会を年に一度開催してきました。第16回の今回は、part1とpart2に分けて、時代を超えて青森の姿を捉えた2つの展覧会を開催します。

Part1では、青森市出身の写真家、柿崎真子を取り上げます。柿崎は東京在住ながら故郷である青森県内の風景を撮影し「アオノニマス」と題したシリーズとして発表しています。その写真は確かに青森の風景を捉えながらも距離を保ち、作家の現在の居住地と故郷の地理的距離や、固有の土地性への思慕と相対するそれへの懐疑などが暗示されるようです。本展では同シリーズから新作を展示します。アノニマス(匿名)な風景としての青森をご覧ください。

【関連イベント】

■オープニング・アーティストトーク
柿崎真子と、同時開催の「多田友充展」の多田友充が自身の作品と展覧会についてお話しします。

日時:4月28日(土)14:30-15:30
会場:ラウンジ、ギャラリーA、B
※無料、申込不要、直接会場においでください。

柿崎真子(かきざき・まさこ)

1977年青森県青森市生まれ。写真家。秋田大学教育学部卒業。東京綜合写真専門学校卒業。2007年に独立し、商業写真の撮影を行う傍ら、ライフワークとして青森の風景写真を15年以上撮り続け、「アオノニマス」シリーズとして2012年より作品を発表し続けている。

個展

2015年 「アオノニマス 界」馬車道大津ギャラリー、神奈川

2013年 「アオノニマス 肺」 森岡書店、東京

2012年 「アオノニマス 接触」青森県立美術館コミュニティギャラリー、青森

2012年 「アオノニマス 雪」森岡書店、東京

グループ展

2015年 「青森県立美術館プロデュース Fly Me to the AOMORI 青い森へ連れてって」愛知芸術文化センター、愛知

2014年 「Cyg SELECT」Cyg art gallery、岩手

写真集

2013年 「アオノニマス 肺」(私家版)

2012年 「アオノニマス 雪」(私家版)

V-3-4s S-13-3s U-37-4s

 全て《アオノニマス 潜》より

日時
2018年4月28日(土)-6月17日(日)10:00-18:00
会場
ギャラリーB
対象
無料
ƒEJƒBƒVJƒ‡ƒ“ƒ`ƒ‰ƒV•B