ヴィジョン・オブ・アオモリvol.14
きみの世界とぼくの世界と

国際芸術センター青森では毎年青森ゆかりの作家を紹介する展覧会「ヴィジョン・オブ・アオモリ」を開催してきました。第14回目となる今回は、二人の作家のグループ展形式による展覧会を開催します。
近年、障がいをもつ作家が制作した作品が、国内外で注目を集めています。その独特な表現のみならず、作品を作り続ける創作意欲は、しばしば私たちの視点を釘付けにします。本展では青森市在住の二人の作家、動物画を得意とする中嶋千晶と古典絵画の模写から独自の世界を構築する成田健太郎の作品を紹介します。
また本展の関連企画として5月9日~5月21日の日程で、市内2か所のギャラリーで東北の作家たちによる展覧会と、青森市内の創作活動を積極的に支援する障がい者支援施設「ドアドアらうんど・青森」の作家たちの作品とその取り組みを紹介します。合わせてご高覧下さい。

>>プレスリリースはこちら

■ 中嶋千晶(なかじま・ちあき)
1992年 青森市生まれ
青森県立青森第一高等養護学校卒業

主な展覧会
2010年 「ぶるるん 日々を自分を刻むこと展」青森県立美術館コミュニティギャラリー/青森
2011年 「ポコラート全国公募展vol.1」(入選)アーツ千代田3331/東京
2011年 「ポコラート全国公募展vol.2」(入選)アーツ千代田3331/東京
2015年 「アウトプット展」青森県立美術館コミュニティギャラリー/青森

312 (800x534)中嶋千晶《はえ》

■ 成田健太郎(なりた・けんたろう)
1985年 青森市生まれ
青森県立青森第一高等養護学校卒業後

主な展覧会
2004年 「シアワセ 成田健太郎展」空間実験室/青森
2006年 「KENTARO展」Gallery NOVITA/青森
2010年 「ぶるるん 日々を自分を刻むこと展」青森県立美術館コミュニティギャラリー/青森
2011年 「ポコラート全国公募展vol.1」(入選)アーツ千代田3331/東京
2015年 「アウトプット展」青森県立美術館コミュニティギャラリー/青森
2015年 「第1回東北障がい者芸術公募展」(招待出品)せんだいメディアテーク/宮城
2015年 「いしのまきのアート展」レストランいち/宮城

236 (800x534)成田健太郎「模写シリーズ(アルフレッド・シスレー)」

関連企画
「きみの世界とぼくの世界と ver.2 北東北の作家たち」
展覧会 2016年5月9日(月)~5月21日(土)10:00―18:00 日曜休・入場無料
会 場 Gallery NOVITA(青森市新町1丁目11-15)
作 家 齋藤真弘、齋藤努、清水ちはる

「きみの世界とぼくの世界と ver.3 ドアドアらうんど・青森の作家たち」
展覧会 2016年5月9日(月)~5月21日(土)11:00―18:00 日曜休・入場無料
会 場 テコギャラリー(青森市古川1丁目14-3-B)
作 家 YT、西塚浩彦ほか

映画上映会「遠足」

オーストリア、ウィーン郊外グギング村の神経科病院内にある「芸術家の家」。そこでは心の病を持ちながらも、ヨーロッパの画壇で天才と呼ばれる作家たちが共同生活を送っている。 「芸術家の家」で作品を作りながら暮らす人々の日常と、プラハでの展覧会を追ったドキュメンタリー。五十嵐久美子監督、1999年。

日時 2016年5月14日(土) 開場 13:30 上映 14:00-15:30

会場 県民福祉プラザ県民ホール

*申込不要、入場無料、定員350名

 

 

日時
2016年4月16日(土)~7月3日(日)10:00-18:00 会期中無休
会場
国際芸術センター青森 ギャラリーB
対象
無料
00-A4ƒ`ƒ‰ƒV•–Ê