野老朝雄×青森市所蔵作品展「個と群」

本プログラムはアーティストの監修で青森市が所蔵する民俗資料を紹介し、地域の資源や歴史を多角的な視点で掘り起こす展覧会シリーズです。第4弾となる今回は、アーティスト野老朝雄(ところ・あさお)をゲストディレクターに招き、「紋様」(※1)に着目し展覧会を開催します。

野老朝雄は建築を学んだ後、現在は数学的法則に基づき、建築、彫刻、ファッションなどの領域で活動するアーティストです。タイトルにある「群」とは、ある定義と法則に基づいた集合を表す数学用語でもありますが、実は私達の暮らしの中にも潜んでいる法則です。例えばこぎん(※2)では1、3、5の奇数で布の織り目を刺し、刺し目の集合体が一つの紋様となるように、ある法則にのっとって個を群にすることで紋様となることがあります。

本展では、アイヌの道具に見られるような呪術や祈りの象徴としての紋様、こぎんに見られるような実用と装飾として施されてきた紋様、錦石に見られるような自然が生み出した模様など、さまざまな紋様を持つ所蔵品に加え、野老が制作した紋様やコラボレーションで制作した作品も紹介します。青森の風土が生んだ紋様と野老が生んだ紋様、そして野老によって所蔵品が「群」をなす様子をお楽しみください。

※1ここでは模様や柄を全て紋様と表記します。

※2津軽地方で防寒や補強のために麻布に木綿糸で刺繍を施した労働着や刺繍そのもののこと。

協力:青森市教育委員会文化財課、縄文の学び舎・小牧野館、(株)イシマル、(株)三保谷硝子、フォトビジョンジャパン(株)、(有)勝俣銘木工業、(株)アゾットセブンアップス、AIRS、青森公立大学芸術サークル、ACAC学生サポーター

ゲストアーティスト:竹越恵二郎

ゲストコラボレーター:Noiz Architects、(株)小林・槇デザインワークショップ|KMDW、東北芸術工科大学西澤高男研究室、土岐謙次(宮城大学/漆作家)、今井健(東京大学大学院/United Bows)、今北仁(AAO)、松川昌平(慶應義塾大学SFC)、門倉太久斗、平本知樹、寺倉ゆかり(FRAMEFLAME)

助成:公益財団法人青森学術文化振興財団

 >>プレスリリースはこちら

 

 

1000 Patterns Aomori 随時参加者募集中

フェイスブック上で、青森のパターンを写真で集めていきます。

どなたでも自由に参加してください。

>>フェイスブックページはこちら

展示風景

_MG_6942 (800x533)

_MG_6865 (800x533)

 

左:《BUILDVOID BIG》、右《林檎箱堂》野老朝雄×東北芸術工科大学西澤高男研究室

 

_MG_6825 (800x533)

_MG_6779 (800x533)

 

上:鯛車、青森市所蔵、下:《GLASS PEDESTAL Study》

_MG_6809 (800x533)

 

手前:《48 GLASS FLOAT》

_MG_7135 (800x533)

 

《WHITE MAGNET 100》

_MG_6470 (800x800)

 

《49 DRAWINGS》

_MG_6125s

 

《108こけし》(こけし、青森市所蔵作品)

_MG_7201s

_MG_6445s

_MG_7049s

 

《Kumapongome》野老朝雄×松川昌平

_MG_7024s

《Gala Clockworks (Aomori)》United Bows(野老朝雄×今井健)

関連イベント「#1000 LIGHTs」 2015年9月11、12日

_MG_9204 (800x533)

_MG_9383 (800x691)

_MG_9378s

_MG_9385s

 

WO5A9279s

_MG_9395s

_MG_9265s

_MG_9349s

_MG_9417s

_MG_9251s

撮影:小山田邦哉

 —

【アーティスト情報】

野老朝雄(ところ・あさお)

http://www.tokolo.com

幼少時より建築を学び、江頭慎に師事。2001年9月11日より「繋げる事」をテーマに紋様の制作を始め、美術、建築、デザインの境界領域で活動を続ける。単純な幾何学原理に基づいて定規やコンパスで再現可能な紋と紋様の制作や、同様の原理を応用した立体物の設計/制作も行なっている。
1969年 東京生まれ
1992年 東京造形大学卒業
1992-93 年 AAスクール在籍
1993-98年 江頭慎の制作助手、ワークショップアシスタント
2010-12 年 東京造形大学非常勤教員
2010年- 桑沢デザイン研究所非常勤教員
2003年-2016年 武蔵野美術大学非常勤講師(ファッション領域担当)
2016年-東京大学工学部建築学科非常勤講師
主な展覧会
2010年 「MOTアニュアル:装飾」 (東京都現代美術館/東京)
2014年 「マテリアライジング展Ⅱ」(東京藝術大学美術館陳列館/東京)
2015年 「単位展」(21_21 Design Site/東京)

日時
2016年2月6日(土)-3月13日(日)
会場
国際芸術センター青森 ギャラリーA
対象
無料、会期中無休
flyer151225