中崎透×青森市所蔵作品展
シュプールを追いかけて

青森市は日本有数の豪雪地として知られ、人々は厳しい冬を過ごすための独自の知恵と工夫を身に付けてきました。また、日本に近代スキーが取り入れられた当初からレジャーだけではなく、生活・仕事道具としてもスキーを活用し、そのような土壌から数多くのスキー選手が輩出してきました。
青森公立大学国際芸術センター青森(ACAC)では「青森市所蔵作品展をつくる」長期ワークショップとして、美術家の中崎透を監修に迎え1年かけて参加者と共に展覧会の準備を行ってきました。本展では、青森市の所蔵品だけではなく市内外の企業、団体、個人から借り受けた、三浦雄一郎を始めとする青森出身のスキーヤーが使った道具や、八甲田山に縁のある人物の写真・映像、青森の雪の風景を描いた版画や絵画、そして大正初期から最近ものまで100組以上のスキーなどを展示します。中崎とワークショップ参加者が青森の人、土地、歴史を追いかけてたどり着いた、雪にまつわるもう1つの青森の物語をお楽しみください。

展覧会ができるまでのワークショップの様子はこちらからご覧になれます。
>>「展覧会、つくらない!?」特設サイト

———-
こんにちは、中崎です。ここACACで一年を通したワークショップで展覧会を作りませんか、と誘われ、最初にリサーチに来たのは2013年の三月。早速訪れた市内の森林博物館で観たスキー道具が印象的で、「雪にまつわる道具」、みたいなぼんやりとしたテーマを決めました。僕も含め、展覧会作りの素人たちが右往左往しながら、いろんな人に出会い、転がってくように形づくられていった今回の展覧会。もろもろ専門家の方々の目から見たら欠けてるものがたくさんあるかもしれませんが、手探りで模索した僕たちのドタバタとした足跡を、そして青森という土地でやっかいな雪と向き合いそれを乗り越え共存してきた人間の工夫や遊び心の軌跡のようなものを、雪景色に刻まれたシュプールを辿るかのように体験していただければ幸いです。
中崎透(美術家)

>>プレスリリースはこちら

>>展覧会チラシはこちら

———
展示風景

003s

082ss

300ss

100s

037s

撮影:西川幸冶

中崎透略歴
美術家。1976 年茨城県生まれ。武蔵野美術大学大学院造形研究科博士後期課程満期単位取得退学。現在、水戸市を拠点に国内のさまざまな地で活動。看板をモチーフとした作品をはじめ、パフォーマンス、映像、インスタレーションなど、形式を特定せず 制作を展開している。展覧会多数。2006 年末より「Nadegata InstantParty」を結成し、ユニットとしても活動。2007 年末より「遊戯室(中崎透+遠藤水城)」を設立し、運営に携わる。
http://tohru51.exblog.jp

 

———

主催:青森公立大学国際芸術センター青森

協力
青森市森林博物館、青森市文化財課、青森市文化スポーツ振興課、青森市市民協働推進課、一般財団法人青森県スキー連盟、酸ヶ湯温泉株式会社、株式会社ブルーモリス、青森放送株式会社、八甲田山荘、八甲田山ガイドクラブ、八甲田山スキースクール、山岳同人たがじょ、環境省十和田自然保護官事務所、自衛隊青森駐屯地、青森市立橋本小学校、株式会社ミウラ・ドルフィンズ、AIRS、ACAC学生サポーター、青森公立大学芸術サークル

 

 

日時
2014年2月8日(土)-3月16日(日)10:00-18:00
会場
ギャラリーA
対象
無料
中崎所蔵ポスター