O JUN 展 まんまんちゃん、あん

2016年4月16日(土)~7月3日(日)10:00-18:00 会期中無休・入場無料

国際芸術センター青森では、2016年度最初の展覧会として、O JUNによる個展「まんまんちゃん、あん」を開催します。
O JUNは関係性と無関係性、偶然と必然の狭間で出現するイメージを「意味」が発生する前の「モチーフ」として描くという独自のスタイルで注目を集めてきました。見覚え/聞覚えのあるような出来事の断片を思わせる場面、紋章や国旗といった記号化された図像、明瞭な図像と不明瞭な線、強い
画面の余白、画面を縁取る重い鉄のフレームとガラス板などが特徴的な作品は、現代日本の情景を特異な視点で捉えた具象的イメージが、意味深く非日常的な場面へと転換していくようにもみえます。
タイトルの「まんまんちゃん、あん」は、念仏を意味する大阪、関西方面の幼児言葉です。ただしその音は宗教的行為というよりはむしろ、往年の漫才師の決め言葉や子供時代のたわいもない日常と重なり、ほとんど意味をなさない言葉として、本来の意味から乖離し、意味を空中分解させた音として耳に焼き付いていきます。意味と無意味がユーモラスに宙ぶらりんになっている様は、どこかO JUNの作品とも重なっていきます。
本展では、O JUNのこれまでの油彩画や鉄枠で構成された作品をインスタレーション展示するとともに、手製の合金ペンによる直描きドローイングが滞在制作される予定です。
言葉を介さず、目で見たものを脳につなげるような鑑賞体験は、言葉を超えたところにある絵画の面白さとその深遠を再認識させてくれることでしょう。

 >>プレスリリースはこちら

artists

O JUN

1956 東京都生まれ
1980 東京芸術大学美術学部油画科卒業
1982 東京芸術大学大学院美術研究科油画専攻修士修了

【主な個展】
2014「DaDa児」六本木ヒルズA/Dギャラリー/東京
2013「O JUN―描く児」府中市美術館/東京
2013「夢見る、さんの丞」ミヅマアートギャラリー/東京
2009「JEDNOM OLOVKOM 一本の鉛筆から」O3ONE/ベオグラード、セルビア
2008「I Am O Jun」Gallery J. Chen/台北、台湾
2002「近作展27 / O JUN」国立国際美術館/大阪

【主なグループ展】
2016「DOMANI・明日展・PLUS」アーツ千代田3331/東京
2015「画家の詩、詩人の絵」平塚市美術館/神奈川、碧南市藤井達吉現代美術館/愛知、姫路市立美術館/兵庫、足利市立美術館/栃木、北海道立函館美術館/北海道(-2016)
2014「美少女の美術史展」青森県立美術館/青森、静岡県立美術館/静岡、島根県立石見美術館/島根
2012「ジパング展―沸騰する日本の現代アート」新潟県立万代島美術館/新潟、高崎市美術館/群馬、八戸市美術館/青森、秋田県立近代美術館/秋田
2012「Art and Air~空と飛行機をめぐる、芸術と科学の物語」青森県立美術館/青森
2011「O JUN MALT GOTT」Gallery Clemens Thimme/カールスルーエ、ドイツ
2011「CAFE in Mito 2011-かかわりの色いろ」水戸芸術館 現代美術ギャラリー/茨城
2011「画家たちの二十歳の原点」平塚市美術館/神奈川、下関市立美術館/山口、碧南市藤井達吉現代美術館/愛知、足利市立美術館/栃木
2010「The 14th Vilnius painting triennial -False Recognition」Contemporary Art Centre/ヴィリニュス、リトアニア
2010「アーティスト・ファイル2010―現代の作家たち」国立新美術館/東京
2010「絵画の庭 ゼロ年代日本の地平から」 国立国際美術館/大阪
2009「異界の風景―東京藝大油画科の現在と美術資料―」東京藝術大学美術館/東京
2007「『森』としての絵画:『絵』のなかで考える」岡崎市美術博物館/愛知

【コレクション】
国立国際美術館、東京都現代美術館、カスヤの森現代美術館、岡崎市美術博物館、府中市美術館、高松市美術館

[参考作品]

2s《雑木林》2010年、キャンバスに油彩、116×116cm
撮影:宮島径

OJUN6s

《匍匐(Hau-co)》2013年、紙にアクリルガッシュ、顔料、ガラス、鉄、121×170×5cm
撮影:宮島径

 

 

主催 青森公立大学国際芸術センター青森
協力 Mizuma Art Gallery

©O JUN
Courtesy Mizuma Art Gallery