航行と軌跡

2015年10月24日(土)~12月13日(日)10:00-18:00/会期中無休・入場無料

アーティストから生み出され、人間存在と深くかかわる作品制作は、その存在をこの世界に刻む行為ととらえることができるかもしれません。それは長い試行錯誤や経験が結晶化して形になる場合もあれば、運動体としての活動の連続が形となる場合もあるでしょう。変化し続ける人間存在と同様に、ある目的に向かいながらもそれは結果の産物としてドグマ化しするものではなく、思考や行為の過程が形の中に含まれることで、次の形、次の思考へとつながっていくのでしょう。

2015年の秋AIRでは、このタイトルのもと、過ぎた時空間と現在を結合し、未来の価値につなげようとするアーティストを招聘し、表現を通して、持続を内在する表現について考えていきます。

 

>>プレスリリースはこちら

artists

加茂 昂(かも・あきら)

kamo_p

1982年東京都生まれ、東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。「絵画」と「生き延びる」ことを同義に捉え、心象や事象を織り交ぜ、「私」と「社会」が相対的に立ち現れてくるような絵画作品を制作する。

主な展覧会
2015年「VOCA展2015」上野の森美術館/東京
2014年「Wall Art Festival 2014」アシュラムスクール/インド
2014年「対馬アートファンタジア2014」飯束土産店/長崎

《まなざしを手向ける》油彩/壁、2014年
《世界を新しく美しいと思う。》油彩、キャンバス、2015年

木村 充伯(きむら・みつのり)

Kimur

1983年静岡県生まれ、名古屋造形芸術大学大学院環境造形研究修了。小さな動物や生き物をモチーフとした彫刻作品は、油絵具で塑像されることにより曖昧な可変性を獲得し、生命や日常世界における自己と他者の距離感について問いかける。

主な展覧会
2014年「Above the horizon」ケンジタキギャラリー名古屋/愛知
2014年「ミニマル・コントラスト」SENSUS--Luoghi per l'Arte Contemporanea/フィレンツェ、イタリア
2013年「3rd Exhibition AGAIN-ST Dependent Sculpture--彫刻を支えるものは何か--」東京藝術大学絵画棟1階アートスペース1/東京

http://mitsunorikimura.blogspot.jp/
《眠る犬(珍島犬)》板に油絵具、2013年 Photo:タン・ルイ

《鳥の死角》樟に彩色、ビス、磁石、2014年 Photo:タン・ルイ

ロ・イチュン(LO Yi Chun)

Yi-Chun LO Portrait (2)

1985年台湾生まれ、国立台湾芸術大学修了。人間と土地や環境との関係性に着目し、特に農地と都市化、そして食糧問題を軸に作品を制作している。近年は食料の国際取引と国内市場の関係といった社会や環境に関わることを、バナナの皮を用いたインスタレーション作品として発表している。

主な展覧会
2014年「Banana Justice -- The Dramas of Global Trades and Riots」Contemporary Arts International/USA
2013年「芭娜娜・バナナ・Saping」BankART Studio NYK/神奈川
2009年「Bolero Paradise -- The Representation of Memory」Paipu Music & Art Centre/台北、台湾

《バナナ・ジャスティス-- 国際取引と暴動のドラマ》乾燥したバナナの皮、2015年

《新しい土地のための投影図》葦、リサイクル木棒、ケーブル、2013年

ノエミ・ニーデルハウザー(Noemi NIEDERHAUSER)

PORTRAIT (704x1024)

1984年スイス生まれ、セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(ロンドン芸術大学)修了。民俗学、アーカイヴ学的な方法論を援用し、土地の文化財をや歴史を手掛かりにビデオ、彫刻、写真を用いて幻想的な物語世界を作り上げる。

主な展覧会
2015年 個展、Chabah Yelmani Gallery/ブリュッセル、ベルギー
2015年「Hurts so Good」SNETHA Gallery/アテネ、ギリシャ
2015年「私の兄は緑の鸚鵡」(Graduates Residency Exhibition)、ヴィクトリア&アルバート美術館/ロンドン、UK

《けれど、その果物はそもそも収穫されるのだろうか?》ビデオ、ミクストメディアインスタレーション、2015年

《私の兄は緑の鸚鵡》ビデオ、ミクストメディアインスタレーション、2015年

þÿ

主催:青森公立大学 国際芸術センター青森[ACAC]
助成:平成27年度文化庁文化芸術の海外発信拠点形成事業