淺井裕介滞在制作展
「八百万の物語 -強く生きる 繰りかえす-」

2012年4月28日(土)~6月24日(日)10:00 - 18:00/無料

淺井裕介は、土、石、水、木の根、木の枝、テープに小麦粉、駅に積った埃など通常は画材とは思われないようなものを素材として、様々な場所に絵を描きます。近年では、道路の白線やカッティングシートの切り文字なども用いて絵を描いています。淺井は、「描く素材、場所は様々だけど今ここというその場所に色・形を乗っけるような気持ちで、これからも壁に描き、紙に描き、地面に描き、天井にも描き続ける」と言います。
今回は、4月初旬から1ヶ月間青森に滞在し、国際芸術センター青森周辺、浅虫温泉、夏泊半島など青森各地で採取した土を主に用い、2月にインドで描き上げた「八百万の物語」という同名の作品を解体再構成し、それを継承するかたちで全く新しい作品をこの地に描きます。ここにはひとつの大きな物語ではなく、無数の小さな八百万の物語が存在します。本展は、淺井のこれまでの活動を総括するように、その多彩な作品を公開します。
メイン会場となるACACギャラリーは、会期中淺井のアトリエとしても機能します。展覧会では絵を鑑賞するだけでなく、画家のアトリエを訪問するように絵が描かれる現場をご体験ください。

※展覧会は2会場にて開催
2012年4月28日(土)~6月24日(日)
メイン会場:青森公立大学 国際芸術センター青森(ACAC) 10:00 - 18:00
サテライト会場:フェスティバルシティ アウガ 10:00 - 21:00

>>プレスリリースはこちら

artists

淺井裕介 (ASAI Yusuke)

asai

1981年 東京都生まれ。絵描き。テープ、ペン、土、埃、葉っぱ、道路用白線素材など身の回りの素材を用いて、キャンバスに限らず角砂糖の包み紙や紙ナプキンへのドローイング、泥や白線を使った巨大な壁画や地上絵のシリーズまで、あらゆる場所で奔放に絵画を制作する作家。
http://d.hatena.ne.jp/asaiyusuke/

■近年の主な個展
2011
「パギとソレ」、ARATANIURANO、東京
2010
「ショッピング」、三菱地所アルティアム、福岡

■近年の主なグループ展
2011
「MOTコレクション 特別展示 淺井裕介」、東京都現代美術館、東京
「TARO LOVE〜岡本太郎と14人の遺伝子〜」、西武渋谷店全館、東京
「CAFE in Mito 2011 かかわりの色いろ」、水戸芸術館現代美術センター、茨城
「原始感覚美術祭」、西丸震哉記念館、長野

主催:青森公立大学 国際芸術センター青森
協力:青森市教育委員会、ARATANIURANO、善知鳥神社、フェスティバルシティ アウガ
Wall Art Project、ACAC学生サポーター、AIRS
協賛:カモイ加工紙株式会社