「再考現学 / Re-Modernologio」pahse3:痕跡の風景

2012年2月18日(土)~3月25日(日) 10:00 - 18:00/無料

アーティストの活動を媒介に、人間の生の痕跡を風景の中に見出す。

今年度国際芸術センター青森では、青森県出身の考現学者、今和 次郎が提唱した「考現学」を年間を通じたキーワードとし、考現学的態度や視点をもつアーティストの活動を「再考現学」展として、ご紹介する展覧会を開催し てきました。第3回目となる本展、「再考現学 phase 3:痕跡の風景」では、考現学を都市の中で人間の生活の痕跡を見つけ、観察し、記述することと捉えました。しかし当然のことながらこうして見つけたモノた ちの消化の仕方、提示の仕方は、考現学者のそれとアーティストでは異なると思います。 再考現学的視点で世界を観察するということ、それは街 の中にあるいは風景の中にある種の新鮮さを見つけることであり、そこには現代に対する鋭い視線、そして人間の活動についての深い関心があるということはい うまでもありません。それは着目した「何か」を媒介に今そこにある現実の実感のようなものを確かめることでもあるかもしれません。 一方着目 された「何か」は、取り上げられることで別の何かを示唆し、別の現実を提示しうる可能性を持つでしょう。アーティストの場合、彼らはその着目した何かを作 品としてもともとある文脈からずらした場所と仕方で提示することで、社会あるいは現実の見方を変化させる可能性を持ちうるといえるのではないでしょうか。 そしてそれこそが単なる風景が人間の根源的かつ、やむことなく続き、抑えがたい欲望としての創造の起点となりえた事実、そしてそれを人間だけが昇華させえ た「芸術」という形へと続く道筋の始まりのようなものであるのかもしれません。 本展で、アーティストが風景の中から見つけた人間の痕跡を、アーティストの活動を媒介に、再び作品として現れたものが提示されるでしょう。 また同時開催として現在の青森での生活がベースとなっている方の写真作品による展覧会「ヴィジョン・オブ・アオモリ」を開催します。雪深いACACでの最後の「再考現学」展をお楽しみください。

※ 「考現学」とは:青森県出身の建築家今和次郎(1888-1973)が提唱した学問。現代の社会現象を場所・時間を定めて一斉に調査・研究し、世相や風俗 を分析・解説しようとする学問。ドローイングを用いたフィールドワークを特徴とし、のちの生活学や風俗研究の先鞭となった。

artists

佐々木愛(SASAKI Ai)

sasaki-230x345

1976年大阪生まれ、大阪府在住。金沢美術工芸大学美術学部視覚デザイン専攻卒業、彩都IMI大学院スクール現代美術専攻修了。家、山、船、植物 文などをモチーフとした砂糖によるウォール・ペインティング(壁画)で知られる。砂糖の白さ、素材としての意味を背負いながら、無数に繰り返されるパター ン化された形の集積によって構成される図像は、それらが根源的に持っていた象徴的な意味と我々のそこに眠る深い記憶とのつながりを思い起こさせる。近年は 銀色や白色の細かな線描によって繊細な風景を描き出す版画作品や、可視と不可視を揺れ動くようなドローイング作品、文学や物語の世界を喚起させる豊かな色 彩の水彩画や油彩画を発表。それらの独特の世界が見る者に夢のような物語世界を紡ぎ出させている。ここ数年青森、韓国、ニュージーランド等のアーティスト インレジデンスに積極的に参加し、滞在先の風景を元に新たな展開をみせている。2011年には比較文学者で詩人の管啓次郎の詩とともに水彩や油彩による色 彩豊かな絵画を提示するプロジェクト、展覧会を開催している。
http://sasakiai.com/

下道基行(SHITAMICHI Motoyuki)

shitamichi-230x152

1978年岡山県生まれ。2001年武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業。2003年東京綜合写真専門学校研究科中退。下道は国内外を移動/旅しながら、なんらかの人の行為が誘発する様々な風景を写真やテキストで捉え続けている。2005年には国内各地に散らばる戦争の遺構の現在の風景を収めた初写真集「戦争のかたち」を出版。その後、日本の外側に現存する鳥居を探し求め、かつての日本の国境線を描出するような≪torii≫のシリーズの制作を進めている。また、国内に散らばる祖父が描いた絵画を訪ね、その絵画がどのような人のいかなる空間に設置されているかを写真と持ち主の祖父の作品への回想で綴る≪日曜画家/Sunday painter≫や、広告で塔をつくり続ける人や毎日四文字熟語を描き続ける人など市井の名もなき創造性を発見し収集する≪Sunday creators≫などがある。近年はバイクで日本中を旅し、田畑の用水路をまたぐあぜ道に渡された板や、小さな段差を解消するために積まれたコンクリートブロックや木片などの必要から生み出された最小限の構造物を「橋」と捉え収集する≪bridge≫などのシリーズを展開している。日常生活における人の何気ない行為により生み出される風景を鋭い観察眼で発見し作品化している。
http://m-shitamichi.com/

アマンダ・ベランタラ (Amanda BELANTARA)

amanda_photo-230x196

1979年アメリカ出身、現在イギリス、マンチェスター在住。ドキュメンタリー映像作家。2002年コロラド大学ドイツ文学部卒業、2007年マン チェスター大学視覚人類学修了。映像人類学を修め民俗誌を視聴覚の観点から探求するベランタラは、人の振舞いから生じる様々な音に着目して映像や音響に関 する作品を制作するアーティストとしても活動している。その代表作には、マンチェスター中央図書館を舞台に、図書館利用者が膨大な書籍の海から本を探し出 す瞬間や、椅子に座って静かに本のページをめくる姿、司書が書籍を収集管理する様など、図書館内での日常的な人の行為により発せられる小さな音に耳を傾 け、それを映像で捉えた作品≪Lifelibrary≫や、市民共同プロジェクトとして、ある地域の人々に日々耳にする音を記録する音の日記(サウンドダ イアリー)をつけてもらい収集し、それらの音を様々なマイクを用いて映像で捉え、繋ぎ合わせて紡ぎ出した地域の音の風景(サウンドスケープ)による映像作 品≪耳がきゅっとなる≫(秋吉台国際芸術村、2009)などがある。いずれも静寂のなかで多様な音の風景を、体験的に描出している。
http://www.amandabelantara.com/

ジュー・チュンリン(JOO Choon Lin)

Portrait_Choon-LIn-697x1024-230x337

1984年シンガポール生まれ、現在イギリス、グラスゴー在住。南洋芸術学院卒業(シンガポール)。手描きのドローイングやステンシルなどの図柄や身の回りの日用品、手作りの風の模型やオブジェを使ったストップ・モーション・アニメーション(こまどりアニメーション)を制作。それらは街や作品が展示される場所の文脈を読み解き、その場所にある裂け目や汚れ、あるいはそこに置かれているものといった物理的要因のみならず、その場所の歴史や状況といった地域的特性を取り入れた場面を設定する。そこに彼女が作ったオブジェや彫刻、ドローイング、ステンシル、エッチングによって描かれた図像を重ねることで、現実と非現実が交差する架空の情景をアニメーション映像として作り上げる。その背景はしばしば映像作品と共にインスタレーションとして展示され、映像と現実の境界を曖昧にする。時には周囲の人々との協働によって舞台装置を作り上げ、2009年の福岡アジアトリエンナーレでは環境問題をテーマに子どもたちとのワークショップによって作り上げたジオラマを元にアニメーションを作成。≪愛知トリエンナーレ2010≫では繊維卸町である名古屋市長者町の周囲の街並みと作品が展示される古い会館の物理的特徴をうまく生かし、現実の背景の中で架空の怪物たちが動き回る空想的で愉快なアニメーションが制作された。
http://www.joochoonlin.com/

主催:青森公立大学 国際芸術センター青森(ACAC)
協力:青森市民図書館、ホテル山上、nap gallery、AIRS、ACAC学生サポーター、Midori Art Center( MAC)